よくある質問/概要/ステップ・バイ・ステップ・ガイド

地金の売却 - 詳細

このヘルプページでは、BullionVaultでの地金売却の仕組みを詳細にわたり説明します。

  1. 保有している地金を売却
  2. トレーディングボードスクリーンで最適取引機会を獲得
  3. マーケットスプレッドスクリーン上で最適取引機会を獲得
  4. マーケット幅スクリーンを利用

もしくは、即時取引成立にこだわらず、希望価格で しかもより十分に魅力的な価格を提供することによる取引

保有している地金を売却

その手順

ステップ1.
概要を表示
まず、ログインします。   口座  をクリックし、そして  口座残高  サブメニューを選択します。
ステップ2.
概要を表示
ここで、地金の 利用可能額を黄色の欄の中で確認します。  そして、「売却通貨」のドロップダウンメニューの中から希望する通貨を選択します。

これにより、保有している全ての地金を、選択した通貨で売却すると仮定し、注文詳細を書き込みます。

市場で他のユーザーが注文を出している場合は、その市場の最適価格に近いもので注文価格と総額が設定されます。  もし、注文詳細スクリーンに注文が書き込まれない場合は、買い手によって買い注文が出されていないということです。そのため、売り注文の売値を決める必要があります。その場合は、ステップ5.へ進んでください。

「十分な地金がありません。」というメッセージが表示された場合は、 次へ進むことができません。  ここでは、保有している地金のみを売却できます。 もし、すでに市場に出している注文がある場合はその注文を取消し、その注文のためにとりおかれている保留金地金を再度使用可能な地金とします。そのためには、  取引履歴   注文  を選択し、未成立の注文を画面上から選択します。そして、  注文取消し  ボタンをクリックします。

ステップ3.
概要を表示
売り注文のkg価格と、必要であれば注文量を希望に応じて変更します。
ステップ4.
概要を表示
注文内容が希望通りのものとなったところで、通常の注文の場合は  売り/OFFER ボタンをクリックし、次の画面で  確定 します。 注文を市場へ出した後に関しては下記を参照ください。

市場に買い注文が出ていなければ、注文詳細スクリーンには注文は書き込まれません。その場合は、売り注文を注文詳細スクリーンに入力する必要があります。  そのため、トレーディングボード上の他の市場の価格を参照されることをお勧めします。

ステップ5.
概要を表示
他の市場の価格を確認するためには、  地金購入/地金売却 ボタンをクリックし、 トレーディングボード サブメニューを選択します。 画面右側の注文詳細スクリーンには、先で選択された保管場所と通貨が表示されています。 そこで、トレーディングボード上の他の注文を参考に、希望の注文価格と注文量を入力します。
ステップ6.
概要を表示
注文内容が希望通りのものになったところで、通常の注文の場合は  売り/OFFER ボタンをクリックし、次の画面で  確定 を選択します。 注文を市場へ出した後に関しては下記を参照ください。

トレーディングボードで最適購入機会を獲得

ここでは、先とは異なる購入及び売却方法について述べます。  もし、地金をどこで保管されるかにはこだわらないとします。  その場合は、地金の売値が安くなったときに購入し、また買い値が高くなった場合に売却するかもしれません。 もしくは、リアルタイム地金市場価格のチャートを確認している中で、地金価格が上がる気配が感じられたところで購入するかもしれません。

トレーディングボードはこのような様々な機会を確認すること、そしてその機会を逃すことなく獲得することを可能とします。 このためには、機敏に市場の動きに反応することと、利用可能資金もしくは地金が必要です。 購入する場合は、利用可能資金が必要であり、売却をする場合は、売却希望する保管場所にすでに地金を保有している必要があります。 この確認を怠ると、市場への注文を出しても、「十分な資金がありません。」といったメッセージが表示され、最適機会を獲得することができません。

その手順

ステップ1. まず、ログインされていることをご確認ください。  次に  地金購入/地金売却 ボタンをクリックし、  トレーディング ボード サブメニューを選択します。
ステップ2. ここで売買する市場を変更できるドロップダウンメニューを利用します。 ここで、希望する通貨と保管場所を選択します。 これにより、選択した通貨と保管場所のみが表示されます。
ステップ3. その際、リアルタイム市場価格のチャートを同時に確認し続けることもできます。 BullionVaultのリアルタイムの市場価格チャートは、世界の数多くの地金価格を反映しています。ここから、市場の動きをいち早くつかむことができます。 それにより、売却機会を獲得することも可能となります。
ステップ4. それでは、トレーディングボードをご確認ください。 この画面は数秒ごとに自動的に更新されます。もしくは、 実行 ボタンをクリックすると更新されます。
ステップ5. 取引機会を見つけたとします。 その機会を獲得する競争の始まりです。 黄色(もしくは緑色)のボタンをクリックします。ここでクリックされた注文は、注文詳細スクリーンに書き込まれます。 そして、 買い/BID (もしくは、 売り/OFFER )ボタンをクリックします。 ここで、その詳細を確認した上で  確定 ボタンを押します。 そして、注文を市場へ出した後に関しては下記を参照ください。

マーケットスプレッドスクリーンで取引機会を獲得する。

ここでは、さらにより利益を追求する取引について述べます。 例えば、チューリッヒにおけるドル価格の上昇と同時にロンドンではその価格が下降していることに気が付いたとします。  これは、市場における何らかの重要な要因で起きている可能性もありますが、ただ単に、チューリッヒでは売り手がいないがために買い手が価格を押し上げ、それに対してロンドンでは買い手がいないがために売り手が価格を下げているとも考えられます。 ここで、十分な資金があり、多少のリスクが伴うことを良いと考えるのであれば、チューリッヒで売却し、ロンドンで購入することで短期間の収益を上げることも可能です。 しかしながら、当然このような取引にはリスクが伴います。 それは、先のような場合には一方の取引のみが成立する可能性もあるからです。

マーケットスプレッドスクリーンは、このようなタイプの取引機会を見つけ、それに迅速に対応することを可能とします。 

その手順

ステップ1. まず、ログインしていることをご確認ください。  地金購入/地金売却  ボタンをクリックし、トレーディングボード上の「市場を確認」のドロップダウンメニューで マーケットスプレッド サブメニューを選択します。
ステップ2. ここで、通貨の設定が行われていることをご確認ください。
ステップ3. それでは、画面をご覧ください。 この画面は数秒ごとに自動的に、もしくは  実行  ボタンクリックすることで更新されます。 ここで、異なる保管場所では異なる価格で取引が行われることに気が付くことでしょう。  このようなことは、地金市場では日常的に起こります。なぜかというと、地金輸送費用はそれぞれの保管場所で異なるためです。ここで、取引機会を見つける際に気をつける値動きは、通常の動きではないものです。 それは、スプレッドが非常に狭いものであったり、一つの市場のみが非常に高い値をつけているといったものです。 これらが、取引機会といえます。
ステップ4. この通常の動きをしていない市場をクリックします。 もし、ドル価格がロンドンで非常に高いようであれば、このブロックをクリックすることで、注文詳細スクリーンに注文が書き込まれます。  売り/OFFER もしくは ( 買い/BID )、そして  確定 をクリックします。 注文を市場へ出した後に関しては下記を参照ください。

マーケット幅のスクリーンを利用

将来の価格の動きを予測するために、このマーケット幅のスクリーンを利用することもできます。 

このスクリーンへは、 地金購入/地金売却 ボタンをクリックし、トレーディングボードスクリーン上のドロップダウンメニューで マーケット 幅 サブメニューを選択します。

マーケット幅がの棒グラフが長く多いほど、その市場ではより多くの地金の購入、もしくは売却が可能であることとなります。 また、この黄色のグラフが長ければ長いほど、売却を希望する地金が多く市場にあるということです。 それに対し、緑色のグラフが長ければ長いほど、地金を購入する資金がより多く市場に存在するということになります。

最適価格である中央の灰色の帯に接している価格では、限られた量の地金のみが取引可能です。 中央の灰色の帯から離れるほど、取引可能な地金の量(マーケット幅)は増加します。 つまりは、注文価格を上げることで購入できる地金の量が増え、注文価格を下げることで、売却できる地金の量が増えるということです。

ここで、このグラフの幅及び長さをご覧ください。 

  • ここで、それぞれの棒グラフは、新しい価格を示しています。中央の灰色の帯から離れるごとにこの棒グラフはそれ以前の価格を含みます。 
  • つまりは、グラフの長さは注文量を表し、中央の灰色の帯から離れるごとに、それ以前の注文も含むため増加するわけです。そして、このグラフは10の倍数でマーケット幅をあらわします。 これにより、グラフの目盛りは数グラムから100キログラムまであらわすことが可能となります。 

このグラフは、将来の値動きを予想するために使うことができます。 この価格は、現在取引可能な価格です。しかしながら、もしこのグラフで、売却希望量が明らかに多く、なおかつ購入希望の資金があまり無いのであれば、 市場は現在の価格で売却しようとする地金があふれていることになります。 そのため、緑色のグラフが表す資金は、黄色のグラフが表す地金より先に底尽きることとなり、価格がおそらく下がることが予測されます。 それに対し、もしこのグラフが緑色で覆われているようであれば、市場に資金があふれていることになり、価格がおそらく上がるであろうことが予測されます。 これは、取引機会とも考えられるでしょう。

その手順

ステップ1. まず、ログインしていることをご確認ください。  地金購入/地金売却 ボタンをクリックし、トレーディングボード上の「市場を確認」ドロップダウンメニューで マーケット幅 サブメニューを選択します。
ステップ2. 通貨と保管場所を選択します。 スクリーン上段の左側のドロップダウンメニューでこの選択を行います。 また、ここで価格の間隔及び行数を設定します。これにより、グラフの感度を定義します。 ドルにおいては、価格間隔は20で行数は16が適度の感度と考えます。
ステップ3. リアルタイムのチャートを同時にご覧になってみてください。 BullionVaultのリアルタイムチャートの価格は、世界の数多くの地金価格を反映しています。ここから、市場の動きをいち早くつかむことができます。それにより、売却機会を獲得することも可能となるかもしれません。
ステップ4. それでは、トレーディングボードをご覧ください。 この画面は数秒ごとに自動的に更新されます。もしくは、 実行 ボタンをクリックすると更新されます。
ステップ5. 取引機会を見つけました。 その機会を獲得する競争の始まりです。 黄色(もしくは緑色)のボタンをクリックします。ここでクリックされた注文は、注文詳細スクリーンに書き込まれます。 そして、  売り/OFFER もしくは( 買い/BID  ) ボタンをクリックします。ここで、その詳細を確認した上で  確定 ボタンを押します。そして、注文を市場へ出した後に関しては、下記をご覧ください。

注文を市場へ出した後に関して

  • おそらく、注文詳細スクリーン上に、「注文が全て成立しました。」もしくは「注文は現在市場で取引成立を待っています。」というメッセージが表示されます。 他のメッセージが表示されることもありますが、通常は先のメッセージが表示されます。
  • 部分成立注文においても、「注文は現在市場で取引成立を待っています。」というメッセージが表示されます。そして、注文スクリーンでその注文がどの程度成立しているかということを確認できます。
  • 注文が成立するたびに、Eメールで連絡をします。 もし注文量が多い場合は、数多くの少量の注文との取引が行われる可能性があります。そのため、一つの注文に対して、数多くのEメールで注文成立連絡がおこなわれることがあることをご理解ください。  それに加え、注文が成立もしくはキャンセルされた場合は、取引契約書をEメールでお送りします。  この際は、一つの注文に対して一つの契約書が発行され、この契約書はこの注文を成立させるための全ての取引を含みます。
  • もし、注文がトレーディングボードへ出された場合、成立していない注文の一部は、新規売り注文としてトレーディングボード上で 黄色のエリアに表示されます。 ここでは、売り手として買い手へ注文を表示していることを覚えていてください。
  • さらに、この市場にはボット(コンピュータープログラムされた売り手及び買い手)が働いていることも覚えておいてください。  また、BullionVaultに限らず、その他のユーザーのコンピューター上でプログラムされたボットが働いている可能性もあります。そのため、これらと売値で競い合うことがあることをご理解ください。 このようなことから、最適買い注文であることが長く続かないことはご理解ください。
  • 注文のその時点での状況を知るためには、  取引履歴   注文 スクリーンで確認できます。 市場の状況も  トレーディングボード  で確認ください。ここでは、他のユーザーがどのような価格で競っているかを確認することができます。
  • もし、この注文をここで早く成立させる必要があると思うのであれば、 取引履歴   注文 スクリーンで、すでに出してある売り注文を取消し、より低い売り注文を出しなおす必要があります。

© BullionVault Ltd