よくある質問/概要/ステップ・バイ・ステップ・ガイド

LBMA金・銀・プラチナ価格(旧ロンドン値決め価格)による注文

LBMA金・銀・プラチナ価格(旧ロンドン値決め価格)とは?

この価格は、主要ブリオンバンク間で、英国の週末と祝日を除く平日に、日々ロンドン時間午後3時に始まるオークションで決められ、同様に銀価格はロンドン時間正午からオークションが始まり、またプラチナ価格はロンドン時間午後2時からオークションが始まります。これによって決定した金、銀、プラチナ価格は、午前0時にロンドン貴金属市場協会(LBMA)のウェブサイトで公表されます。そして、この価格は、貯蔵されている地金の世界の指標価格として利用されています。

LBMA金・銀・プラチナ価格(旧ロンドン値決め価格)の注文の仕組みについて

このLBMA金・銀・プラチナ価格(旧ロンドン値決め価格)での注文は、手間をかけない簡単な売買方法です。注文希望額をお教えいただけば、弊社システムがその額に応じて、このLBMA金・銀・プラチナ価格(旧ロンドン値決め価格)で注文をし、売買取り引きを行ないます。この機能は米国ドル、英国ポンド、ユーロ資金でご利用いただけます。

この価格は、英国の土日と祝日を除く平日に、日々ロンドン時間午前0時に公表されますが、この注文は、実際にそれぞれの貴金属のオークションが始まる前(金は午後2時35分まで、銀は11時45分まで、プラチナは午後1時45分まで)に提出ください。

お客様の注文は、それぞれの価格が発表された翌営業日中に処理されます。この費用として、売買取引手数料率は0.5%となり、ユーロと英国ポンドのLBMA金・銀・プラチナ価格(旧ロンドン値決め価格での注文に関しては、0.3%が為替変換手数料として追加されます。保険料を含む保管料は標準の費用が適用されます。

ブリオンボールトにおいては、グラム単位で地金を購入できます。そのため、購入のための注文が処理された際、いくらかの通貨が、口座に残る場合があります。これは、1グラムに至らない分の通貨残高です。そのため、この残高はお客様口座へ利用可能な残高として返却されます。

土曜日と日曜日と祝日には、この価格は発表されません。そのため、この価格が発表される日に、この価格による注文は処理されます。

この注文が処理された後、地金もしくは通貨を何時受け取ることになるのか?

地金と通貨が決済されるには、通常2営業日を必要とします。そのため、地金購入時には、お客様資金は、注文が決済され地金がお客様口座で受領されるまでは、留保資金としてお客様口座に取り置かれます。同様に、地金売却時には、お客様の地金は決済時まで保留資産として、通常2営業日取り置かれます。

LBMA金・銀・プラチナ価格(旧ロンドン値決め価格)での注文を決済するために2日間必要であっても、この注文のための地金と通貨は残高画面で留保資産や決済前資産として確認することが出来ます。

なぜニューヨーク保管場所で、LBMA金・銀・プラチナ価格(旧ロンドン値決め価格)で購入することが出来ないのか?

それは、この保管場所における需要が低いために、弊社においてこのサービスを提供することが出来ないためです。

なぜ、ブリオンボールトでは日本円でLBMA金・銀・プラチナ価格での注文ができないのか?

ロンドン貴金属市場協会は日本円でこの価格を発表しないからです。そのために、ブリオンボールトではこの機能を日本円資金では提供できないのです。

どのようにして、ブリオンボールトはキログラムあたりの価格を決定するのか?

LBMA金・銀・プラチナ価格(ロンドン値決め価格)はトロイオンスあたりでドル建て、ユーロ建て、ポンド建てで発表されます。ブリオンボールトのシステムはキログラムが単位となっているために、発表されたトロイオンスあたりの価格を、1トロイオンス=0.0311034768 kgで変換し、米国ドル、ユーロ、ポンドへと切り上げます。日本円の価格は、米国ドルLBMA金・銀・プラチナ価格(旧ロンドン値決め価格)を、その時点での為替レートで変換し算出されます。その際、購入と売却には同じ価格が使われ、スプレッドは存在しません。

LBMA価格(旧ロンドン値決め価格)で注文を行なう。

© BullionVault Ltd