よくある質問/概要/ステップ・バイ・ステップ・ガイド

現代奴隷法と人心取引を防ぐための声明

英国で施行された“英国現代奴隷法(Modern Slavery Act 2015)”の54(1)条に準拠するには、ブリオンボールトは、奴隷労働と人身取引に関する声明をウェブサイトで公開することが義務付けられています。

ブリオンボールトは、奴隷労働と人身取引を防ぐことの重要性を認識しています。そしてその方針として、ブリオンボールトのサービスを提供するための関連会社全てが、奴隷労働と人身取引を行っていないことを求めています。

ブリオンボールトは、貴金属業界の取引団体であるロンドン貴金属市場協会(LBMA)とロンドン・プラチナム・パラジウム市場(LPPM)の正会員です。ブリオンボールトは、これらの団体の会員の企業のみと取引し、輸送と保管を委託しています。

LBMAとLPPMの会員のみと、ロンドン・グッドデリバリー・バーの形態で取引を行うことにより、ブリオンボールトは、顧客が売買する新たに製造された金、銀、プラチナ地金は、今日の貴金属サプライチェーンのデュ-・ディリジェンス、倫理基準と人権保護の厳格な基準に沿っていることを確保することができます。

LBMAのResponsible Gold Programmeは、2012年からすべての金のグッド・デリバリー精錬業者にサプライチェーン監査の義務化を行い、現在では銀とプラチナの地金生産も対象としています。このプログラムの目的は、協会の承認を受けた精錬業者の間で責任ある調達のビジネス慣行を継続的に改善し、LBMA グッド デリバリー精錬業者から調達されたすべての貴金属が違法な資金調達が行われていないことを市場の参加者が確認できることとなります。

金についてはバージョン8である、経済協力開発機構(OECD)の「鉱物の責任あるサプライチェーンのためのデューデリジェンス・ガイダンス」に基づいて、2020年からはLBMAの新しい「責任ある調達報告書」の中で、環境、社会、ガバナンスの問題に特に焦点を当てて毎年見直しが行われています。また、2020年後半には、鉱石、精鉱、スクラップの供給源が業界の認定精錬業者に受け入れられるように、世界各地の国際的な地金市場に対し、現地市場におけるデューデリジェンスと透明性を向上させるよう呼びかけています。

全てのブリオンボールトの顧客は、顧客のオンボード手続きの一環として、顧客デュ-・ディリジェンス手続きの対象となり、全ての既存の顧客は、定期的なスクリーニング検査が行われます。ブリオンボールトの不正資金洗浄法(AML)の方針とデュ-・ディリジェンス手続きは、英国のMoney Laundering and Transfer of Funds (information)(Amendment)(EU Exit) Regulatons (2019)に沿ったものです。これは、2018年にMICA(ICAによって不正資金洗浄法の国際的ディプロマを所得した会員)として認められたMIROによって率いられています。すべての従業員は、この不正資金洗浄法を学ぶトレーニングを受ける必要があります。2020年にブリオンボールトの顧客サポートマネージャーも世界でその専門性と卓越した資格として認識されているMICAを得ています。

この現代奴隷法と人身取引を防ぐための声明は下記の代表者によって承認し、保証されています。

氏名: Robert Glynne
役職: CEO
日付: 30 December 2020