金市場ニュース

ニュースレター(2022年5月13日)リスクオフのドル高で金はドル建てで年初からの上げ幅を失う

週間市場ウォッチ

今週金曜日午後3時の弊社チャート上の金価格はトロイオンスあたり1808ドルと、前週金曜日のLBMA価格のPM価格(午後3時)からほぼ4%安と3週連続の下げで、2月初旬以来の低さとなっています。この間銀価格は、本日12時のチャート上の価格は前週のLBMA価格(午後12時)から4.7%安でトロイオンスあたり20.83ドルと4週連続の下げで2020年7月半ば以来の低さとなっています。プラチナは本日午後2時の弊社チャート上では前週金曜日のLBMAのPM価格から0.4%安のトロイオンスあたり944ドルへと下げています。パラジウム価格は、前週のLBMAパラジウムPM価格と比較して、本日午後2時の弊社チャート上での価格は8.3%安のトロイオンスあたり1933ドルと3週連続で今年1月半ば以来の低値へと下げています。

今週の金・銀・プラチナ・パラジウム相場の動きの概要

今週金相場は、株式市場が速い利上げペースとそれによる景気後退の懸念で大きく下げる中で、究極の安全資産と見られているドルへの需要が高まり、ドルが再び20年来の高さへ上昇する中で、マージンコール(他の資産下げに対する追加証拠金支払い)のための現金化の動きからも、ドル建てベースで金はほぼ今年の上げ幅を失うこととなりました。

また、銀は金よりも小さい市場規模からもボラティリティがより大きいことからも、さらなる大きな下げを見せて、2020年7月以来の低値で、金銀比価は2020年7月以来の高さとなりました。

プラチナとパラジウムは、より工業用途の高いコモディティで、インフレヘッジ及び安全資産として見られていないことからも、独自の動きをしています。

プラチナは、先週貴金属で唯一週間の上げを見せていましたが、今週も下げ幅は少なく、昨年末からほぼ横ばいとなっています。

それに対しパラジウムは、ロシアのウクライナ侵攻で、世界供給量の4割がロシアからの産出分であることからも、経済制裁による供給不足の懸念から3月初旬に一時トロイオンスあたり3000ドルを超えるなど急騰していたことからも、今週の下げ幅は大きいものの、前年終値比ほぼ横ばいとなっています。

ちなみに、今週の金の下げ幅は大きいために他通貨建てでもほぼ前週末下落となっていますが、昨年末比においては、世界指標のLBMA PM価格のドル建てで0.7%安であるのに対し、ポンド建てで10.2%高、ユーロ建てで8.6%高、弊社チャートベースで日本円建て16.6%高と上げ幅を保っています。

そこで、本日は世界指標のLBMA PM価格として公表されているドル建て、ポンド建て、ユーロ建ての今年の金価格の推移を示すチャートを下記に添付します。

ドル建て、ポンド建て、ユーロ建て金価格の年初からの推移 出典元 ブリオンボールト

日々の金相場の動きと背景について

月曜日金価格は、前週に続き世界株価が大きく下げ、ドルと長期金利がそれぞれ20年来、2年半ぶりの高さへと上昇する中で、トロイオンスあたり1854ドルへと下げて終えていました。

週末発表されたデータによると金先物・オプションのネットロングが過去3週間で大きく下げており、FRBパウエル議長の0.5%利上げ容認のコメントに始まり、前週のFRBの0.5%の利上げなどによる、過去3週間の市場のボラティリティの高さによる究極の安全資産のドル需要の急増、つまりは現金化が進んでいた模様です。

火曜日金相場は、ロンドン昼過ぎまでは前日終値から上昇していたものの、その後下げて今年2月半ば以来の低さのトロイオンスあたり1833ドルで終えていました。

これは、同日タカ派として知られている米クリーブランド地区連銀のメスター総裁が、向こう数回のFOMCで0.5%ポイントの利上げを実施していくのは「完全に理にかなう」とし、インフレ率を引き下げるために金利を2.5%を超える水準まで引き上げる必要があるとの見方を示し、0.75%ポイントの利上げの可能性もありとコメントしたこと等で、リスク資産が売られドルが再び20年ぶりの高さへ上昇し、米短期金利の上昇などが金を抑えることとなりました。

この間、米株価指数も同日反発で始まったものの下げに転じ、ビットコインは11月のピークから50%下げで2021年7月以来の低さで31,000ドルを一時割るなどリスク資産からの資金の流出が見られていました。

水曜日金相場は、市場注目の米消費者物価指数が前回よりも下げたものの予想を上回ったことで、一時トロイオンスあたり1832ドルと2月初旬の低値まで下げたものの、その後1854ドルへと戻して終えていました。

これは、データ発表後にFRBによるより速いペースの利上げ観測で長短金利が上昇したことに反応したものの、その後前月比下げていたことでインフレがピークを打ったという見方も広がり、長期金利は下げ、ドルも多少ながら弱含んだことで下げ幅を縮めることとなりました。しかし、長期金利とドルは共に高止まりしていたことからも頭は重い動きとなっていました。

ちなみに米国消費者物価指数は4月に前年同月比8.3%と前回の8.5%を下回ったものの、予想の8.0%を上回っていました。

木曜日金相場はドルインデックスが再び20年来の高さへ上昇する中で、2月初旬以来の低値のトロイオンスあたり1821ドルと下げ幅を広げて終えていました。

同日発表された米国卸売物価指数は、前日の消費者物価指数同様に、前回を下回ったものの、予想を上回り、前年同月比は11.0%と2010年以来の高さで、FRBの速い利上げペース、景気後退観測が広がる中で、リスクオフで世界株価が全般下げ、ドル、円、スイスフラン、米国債などの安全資産への需要が高まり、金は他の資産のマージンコールによる現金化もあり下げていた模様です。

本日金相場は、ドルが20年ぶり、長期金利が2.5年ぶりの水準で高止まりする中で、世界株価が全般反発しているものの、トロイオンスあたり1800ドルを一時割った後に、ロンドン時間夕方に下げ幅を多少戻して1810ドル前後を推移しています。

本日の株価の動きは、今週大きく下げていた自律的反発に加えて、前夜パウエルFRB議長がインタビューに答えて0.75%ポイントの利上げは選択肢として無いと述べたことも好感される中、都市封鎖されていた中国の上海市が5月中旬に新規感染者数を実質ゼロとする目標とし、その目標達成後に段階的に都市封鎖を緩和する見通しで、中国景気減速懸念が後退したこと等が背景にあるようです。

そのような中、金が大幅に押し下げられている背景には、金ETFの最大銘柄のSPDRゴールドシェアが先週木曜日から6営業日連続で残高を減少させ、第2規模のiShareゴールドも6営業日中3営業日残高を減少させていることなどからも、金に対するセンチメントが悪化していることが背景の模様です。

ブリオンボールト・リアルタイム金価格チャート

その他の市場のニュ―ス

  • コメックスの貴金属先物・オプションの資金運用業者のポジションは、先週3日火曜日、翌日のFOMCの結果を待つ中で、速いペースの利上げ観測が広がる中で、ドルと米長期金利が上昇して、貴金属価格が押し下げられる中で、プラチナを除きネットロングポジションを減少させていたこと。
  • コメックス金の先物・オプションの資金運用業者のネットロングポジションは、17%減の257トンと3週連続で減少していたこと。この間金価格は前々週比1.2%安。建玉においては、前週比0.4%減。
  • コメックス銀の先物・オプションのネットロングポジションは、前週から5.4%価格が下げる中で、42.5%減と2,373トンと減少していたこと。
  • コメックスのプラチナ先物・オプションは、2週連続のネットショートであったものの、そのポジションは17%減の16.2トンと昨年9月21日の週以来の規模となっていたこと。この間プラチナ価格は5.1%高。
  • コメックスのパラジウム先物・オプションのネットポジションは6週連続でネットショートで、20%増で2.2トンと増加していたこと。この間価格は3.6%安と3月30日以来の低さへ下げていたこと。
  • 金ETFの最大銘柄のSPDRゴールドシェアの残高は、今週木曜日までの週間で21.2トン(2%)減で1,060トンと3月4日以来の低さで、3週連続の週間の減少傾向となっていること。
  • 金ETFの第2の規模のiShare Gold Trustの残高は、今週木曜日までの週で0.65トン(0.1%)減で520トンと2週連続で減少の傾向で、4月25日以来の低さ。
  • 銀のETFとして最大銘柄のiShares Silver Trustの残高は、今週木曜日までに172トン(1%)減の17,743トンと週間での減少傾向で、4月14日以来の低さ。
  • 金銀比価は、週初めに85台前半で始まり本日は87台半ばと上昇傾向で、2020年7月以来の高さ。2021年平均は71.83で、5年平均は80.35。(数値が高いと銀の割安傾向で、低いと銀割安傾向が解消)
  • プラチナの金とのディスカウント(金との差)は、900台で始まり、本日865と徐々に下げて終える傾向。これは3月初旬以来の低さ。2021年平均は708.82ドルで5年平均は564.76ドル。
  • プラチナとパラジウムの差であるディスカウントは、今週1100ル台で始まり本日1000ドルを割って終わる傾向。これは、1月半ば以来の低さと、ウクライナ危機で3月初旬に2000ドルを超えた水準からそれ以前へと戻っていること。
  • 上海黄金交易所(SGE)は本日まで6営業日連続でプレミアムで、週平均は3.40ドルと、前週の0.45ドルのディスカウントから転換し、2ヶ月ぶりの高さ。(ロンドン価格と上海価格の差 - プレミアムは中国での需要の高さ、ディスカウントは需要の低さを示す)昨年平均は4.94ドル。コロナ禍で特殊な動きをした2020年を除く5年平均は9ドルのプレミアム。
  • コメックスの先物・オプションの取引量は、木曜日までの週平均で前週比金が44%増で8週ぶりの高さ、銀は37%増でやはり8週ぶりの高さ、プラチナで24%増で6週ぶり、パラジウムで94%増と9週ぶりの高さと、価格が今週貴金属全般大きく下げる中で、顕著に増加していたこと。

来週の主要イベント及び主要経済指標

今週も主要中央銀行の金融政策に影響を与える消費者物価指数、生産者物価指数のデータ、及び中央銀行のメンバーのコメントで市場は動いていますが、来週も消費者物価指数関連は注目となります。

そこで、水曜日の英国とユーロ圏の消費者物価指数などが重要となります。

その他、主要経済指標の詳細は主要経済指標(2022年5月16日~20日)をご覧ください。

ブリオンボールトニュース

今週の市場分析及び投資ガイドページには下記の記事が掲載されました。

なお、弊社のYouTubeチャンネルでは、日々の弊社の金価格ディリーレポート(英文)を音声でもお届けしています。よろしければ、こちらも購読ください。

ロンドン便り

今週英国では、先週行われた統一地方選挙の結果シン・フェイン党(南北アイルランド統一を目指す)が第一党となったこと、英国議会開会式にエリザベス女王が体調不良で欠席し、チャールズ皇太子が初めて代理で施政方針演説の内容を読み上げたこと、そして引き続きウクライナ情勢などがトップニュースで伝えられています。

そのような中、今週はがんの闘病を続けながら、がんへの理解、がんとともに生きる現実、そして早期発見の重要さなどを伝える活動をしていたジャーナリストのデボラ・ジェームズさんのことが大きく取り上げられているのでご紹介しましょう。

デボラさんは、2016年にステージ4(最初に発生した場所以外の臓器にがんが転移)の大腸がんと診断された後、2018年からBBCラジオ5で、「You, Me and the Big C(あなたと私と大きなC(がん/Cancerのイニシャル)」のポッドキャストを同様にがんを患っている2人の女性ジャーナリストと配信していました。

このタイトルの「大きなC」からも分かるように、多くのがんのチャリティーが活発に活動している英国ですらも、がんについてオープンに話すことは難しい環境であるとのことです。

その状況の中で、ご自身のがんと生きる生活や治療、闘病について包み隠さず話すことで、がんへの理解を深め、早期発見の重要さを伝えていました。

しかし、今週月曜日に治療を続けることは諦め、緩和ケアに移行したことを発表し、臨床試験や研究、大腸がんに対する認識を高めるための寄付を募るページを立ち上げていました。

デボラさんは当初寄付金総額は25万ポンド(約4000万円)を目標としていましたが、本日夕方の段階で450万ポンド(約7億円)を超えて募金がされています。

そして、昨日はこれまでのがんへの理解を深める活動、今回の募金等の功績が認められて、英国の名誉勲章である男性のナイト(Knight)に相当する叙勲のデイム(Dame)が授与されることになったと伝えられています。

現在は歩くこともできず、眠っていることが多い状態とのことですが、ご両親の自宅でご自身の家族と最後の時間を過ごしていると、彼女自身のソーシャルメディアへの投稿で伝えています。

デボラさんのメッセージの最後の部分を皆さんにもお送りします。

「今の私にとって、一日一日を大切に、一歩一歩前進し、また朝日が昇ることに感謝することが大切なのです。家族全員が私の周りにいて、一緒に踊り、日光浴をし、笑い(私は泣きます!)、可能な限りの瞬間を過ごすつもりです。あなた達は皆素晴らしい。私の人生に関わってくれた全ての人に感謝します。悔いのないように。人生を楽しんでください。」

 

ホワイトハウス佐藤敦子は、オンライン金地金取引・所有サービスを一般投資家へ提供する、世界でも有数の英国企業ブリオンボールトの日本市場の責任者として、セールス、マーケティング及び顧客サポート全般を行うと共に、市場分析ページの記事執筆および編集を担当。 現職以前には、英国大手金融ソフトウェア会社の日本支社で、マーケティングマネージャーとして、金融派生商品取引のためのフロント及びバックオフィスソフトウェアのセールス及びマーケティングを統括。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース