金市場ニュース

ニュースレター(4月10日)1207.35ドル 雇用統計で上げ、FOMC議事録で下げ、再び利上げペースは遅いとの解釈が金相場を押し上げる

週間市場ウォッチ

今週金曜日のPM Fix金価格は、トロイオンスあたり1207.35ドルと前週同価格から0.7%上げています。

週明け月曜日は、欧州市場が復活祭の休暇で休場の中、先週金曜日に発表された雇用統計の非農業部門雇用者数が126,000人と、予想の245,000人と前回の201,000人を下回ったことから、トロイオンスあたり15ドルほど急騰して始まりました。その後1222ドルと2ヶ月ぶりの高値となりました。

翌火曜日は前日の反発でドル高が進み、金相場は緩やかに下げることとなりました。

水曜日は、ロンドン時間夕方に発表されるFOMC議事録を待つ中、下げ基調となっていましたが、FOMC議事録発表後、その内容は多少タカ派的と解釈され、金相場は更に緩やかに下げることとなりました。

議事録で注目された点は、6月利上げ開始についてメンバーの意見が分かれる中、「数人の参加者」が今後発表される経済指標によって、6月利上げが正当化されるとしたことです。先週の雇用統計の非農業部門雇用者数が予想を大きく下回ったことなどから、利下げは早くても9月という観測が市場に広がっていたので、「1人か2人(a few)」ではなく「数人(several)」が利上げが正当化されるとしていたことは、多少サプライズとなった模様です。

木曜日は、前日の下げを受け継ぎトロイオンスあたり1200ドルを割った後、多少反発したもののドル高が進む中、再び押し戻されることとなりました。そのため、ユーロ建て、ポンド建て相場は前日比上昇することとなりました。

本日金曜日は、FOMC議事録後、6月利上げ開始観測が多少広がったものの、このところ発表される主要経済指標の内容は良くはないことから、利上げが開始されてもペースは緩やかであろうという観測が再び広がり、ドル高、株高と共に金相場も上げることとなりました。

その他市場のニュース

  • 復活祭の休暇中に、英国ロンドンの宝飾店街のハットンガーデンで、貸金庫業者の金庫が破られ、約2億ポンド(約360億円)の被害がでたと伝えられたこと。詳しくは、下記のロンドン便りでお伝えします。

ブリオンボールトニュース

今週火曜日に発表された、ブリオンボールトがまとめている金投資家インデックスの3月数値について、金のあらゆる情報を日本語で発信している「ゴールドニュース」サイトがそのプレスリリースを取り上げています。

今週の市場分析ページには下記の記事が掲載されました。

ブリオンボールト・リサーチ主任のエィドリアン・アッシュ「ユーロ圏での危機感が薄れる中、米国の金投資センチメントが上昇

今週の主要経済指標の結果は、下記のリンクでご覧いただけます。

ロンドン便り

今週は、復活祭明けにロンドン中心部にある宝飾店街のハットンガーデンの貸金庫業者の金庫が破られたことが大きく伝えられています。

ハットンガーデンは、宝飾店街として有名で、De Beersを含む300を超える宝飾業者と55の宝飾店がここでビジネスを営んでいます。そして、古くから、個々の宝飾店は、週末などで店を閉める際に、その在庫等を貸金庫へ預けていたとのことです。

今回は、復活祭の4連休中に2日間に渡って、60から70の貸金庫が破られ、約2億ポンド(約360億円)相当の、金塊を含む宝飾品が盗まれたとのことです。

英紙テレグラフによると、3日の夜に警報がなったために、警備員が確認に行ったようですが、正面入口と裏口が施鍵されていたので、金庫まで調べなかったとのこと。また、本日のBBCのレポートでは、金曜日に警察へ通報があったにもかかわらず、調査がされなかったとのこと。

そのため、事件が起きたことが発覚したのは、復活祭の休暇が終わった火曜日と、警備会社と警察の不手際に助けられたようですが、その映画のような見事な手口に、内部の手引があったのではないかなどという憶測も飛び交っています。

驚くべきことに、貸金庫を利用していた顧客の中には、その厳重さを信じて、保険もかけていなかった顧客もいたとのことです。

まだまだ、真相が明らかになるには時間がかかりそうですが、興味深い事件であることは確かのようです。

お知らせ

毎年恒例の金投資に関する様々な情報が提供される「ゴールドフェスティバ ル2015」が、5月30日に開催されます。毎年申し込み締め切り前に定員一杯となりますので、お見逃しの ないようにお申込みください。

なお、今年は私も「トークセッション:世界の金、その現実を現地の方に直接聞きます。5ヵ国比較: 日本の金、世界のゴールド」に英国市場を代表し、パネリストとして登壇します。そのため、このニュースレター購読者の皆様も参加いただけましたら、会場で是 非お声をお掛けください。当日お会いできるのを楽しみにしています。

 

ホワイトハウス佐藤敦子は、オンライン金地金取引・所有サービスを一般投資家へ提供する、世界でも有数の英国企業ブリオンボールトの日本市場の責任者として、セールス、マーケティング及び顧客サポート全般を行うと共に、市場分析ページの記事執筆および編集を担当。 現職以前には、英国大手金融ソフトウェア会社の日本支社で、マーケティングマネージャーとして、金融派生商品取引のためのフロント及びバックオフィスソフトウェアのセールス及びマーケティングを統括。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース