金市場ニュース

投資家(ファンド)の先物(Nymex)ポジションとETFポジション

スタンダードバンク東京支店長の池水雄一氏が、「池水雄一のゴールドディーリングのすべて2」で、昨今の金価格に影響を与えている、金の先物ポジションと金のETFポジションについて、解説しています。

***********

このところの急落で直近のマーケットの話ばかりなのですが、今回もやはり直近の話題です。今回の下げ、実際の売りの主体はComex/Nymexの先物の 投資家の売りに加えてそれ以上にETFの売りの影響が大きかったことがはっきりしてきました。今週はこの先物とETFの動きを見てみたいと思います。この数字をどうみるべきか、そしてできれば来週、先物ポジションを発表しているCFTCの数字を自分でみるために、どこで集めてきて、どういう計算をすればい いのかを説明したいと思います。

「ゴールド」

CFTC(Commodity Futures Trading Commission)から発表される米国の先物市場のポジションは「Commitments of Traders Report」と呼ばれ毎週金曜日、ニューヨークの市場が引けたあと発表されます。このレポートはその週の火曜日のマーケットクローズ時点での建て玉か ら、その内容が発表されるものです。上記の表の数字は3月1日に発表された2月26日のマーケットクローズ時点での数字になります。

Nymexの投資家(Non-commercialと呼ばれます。Commercialは銀行や証券などビジネスとしてやっている当業者。Non- commercialは純粋に価格リスクをとりにきている投資家)のポジションをカテゴリー別に発表するのですが、この週の投資家ポジションはロングが633トン、ショートが268トンでした。そしてそれを合計したネットのポジションはロングの365トン。前週よりもロングが24.5トン増えて、ショー トは24.5トン減り、合計すると一週間でロングが49.1トン増えたことになります。この前週は大きくロングが減っていましたが、上の価格チャートでも わかるように26日はちょうど大きな買戻しが入りゴールドは1570ドルから1620ドルへ急騰した日でした。そのため前週よりもロングが増えることに なったと思われます。

ETFは前週比59.3トンの減少。これを合計すると先物市場とETFにおいては約10トンの売りがあったことになります。ちなみにこの前週の数字では 110トンもの売りがあり、価格も大きく下がったわけですが、26日はそれに対して大きな買戻しがあったということです。しかしその後またゴールドは弱基調に転じているので、来週出てくる数字はまた大きな売り越しになっている可能性がありますね。Nymexのネットロングが300トン台というのは歴史的にみても少ないレベルであり、これだけならばもはや次の大きな動きは上昇となると思われますが、今回の下げでの特殊要因として登場したのがGold ETFの売り。これまでなかったことなのでこの売りがどこまで続くのかが、現在のゴールド・マーケットの最大の内部要因だと言えるでしょう。要注目。

「Gold Nymex投資家ポジションとGold価格」
「Gold ETFの残高推移」
「シルバー」

シルバーのComexの投資家ロングポジションは5852トン。前週から237.6トンの減少。ショートポジションは571トンの増加。合計で809トンの売りが先物市場で出たことになります。一方Silver ETFは20253トンと67.8トンの増加。ゴールドとは違ってシルバーのETFには目立った売りはきていません。

「Silver ETFとSilver Price」
「プラチナ」

Nymex投資家ロングは71.83トンで13トンの大幅減少。ショート残高は4.54トンで1トンの減少。合計で12.1トンの売りが先物に出まし た。ロングポジションが史上最高値に近づいていたことの反動でのlong liquidationが続いています。ETFは51.18トンで440kgの減少。先物に比べると微小な動きでした。南アの労使問題という爆弾を抱えて いることもあり、基本的にロングしたい投資家が多いと思われます。

「Pt Nymex 投資家ポジションとPt価格」
「パラジウム」

今回の下げでもっとも影響が少なかったのがパラジウムです。Nymexの投資家ロングがほかのメタルに比べてほとんど減っていません。ロングは86.77トン、前週比8トンの減少。ショートポジションも3.2トンの減少しているのでトータルは4.8トンの先物売りとなります。ETFはほとんど微動だにせず。67トンのロングを維持しています。ほかのメタルよりも投資家がロングで幸せなようです。

「パラジウムNymex投資家ポジションとPD価格」

以上

*******************

資産保護のために金の購入をお考えですか。金の調査団体であり、金現物市場を開拓しているワールドゴールドカウンシル(WGC)が資本参加をし、一般投資家へそのサービスを推薦している、オンライン金取引において世界一の実績を持つブリオンボールトでは、日本のお客様にスイスでの金保管サービスを提供しています。

池水雄一氏は、貴金属ディーリングの世界でも第一人者。上智大学を卒業後、住友商事、クレディ・スイス、三井物産、スタンダードバンクと貴金属ディーリングに一貫して従事し、現在はスタンダードバンク東京支店長。Oval Next Corp.サイトで市場分析ブルース(池水氏のディーラー名)レポートも掲載。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース