金市場ニュース

ソロス・ファンドが金投資は継続

16日に米証券取引委員会(SEC)に提出した保有株式に関する報告書で、米著名投資家ジョージ・ソロス氏のソロス・ファンド・マネジメントが第2・四半期に金連動型ETF(上場投資信託)への投資を継続したことが分った。

その一方、ブラジルの国営石油会社ペトロブラス株を売却した可能性があることも公表されている。

それによると、金連動型ETFであるSPDRゴールドトラストの6月末時点の保有株式数は524万株(6億3800万ドル相当)。第1・四半期末の559万株からは減っているものの、ドル換算価値では最大の投資先となっている。

それに対し、第1・四半期に最大の投資先だったペトロブラスの米国預託証券(ADR)については記載がない。3月末時点の保有株式数は約1500万株だった。

ソロス・ファンドのようなファンドマネジャーは、四半期終了後45日以内にフォーム13F報告書を当局に提出しなければならないが、報告義務があるのは米国に上場されている株式と関連のデリバティブ(金融派生商品)のみで、債券や他の証券類、ショートポジション(空売り残高)などは通常公表されない。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース