金市場ニュース

金需要の推移から見えること

初心者にも分りやすい金のブログとして、経済アナリスト、そして金市場の第一人者の豊島逸夫氏にも推薦されている「はじめての金読本」で、2011年第4四半期からの金需要の推移から見えてくるものを解説しています。

f:id:kuma-to-hachi:20131213140848g:image

今年は年初から金価格の下落が続いています。FRBによる量的緩和ペース縮小によって、さらにもう一段の下げも予想されるところです。

背景については前回もお話した通り、リーマンショック以降の流れが逆転して、債権から株式へ、新興国から先進国へ、商品から株式へ、金からドルへ、と、欧米投資マネーが動いているからです。

それが金需要の動向にどう現れているのか、2011年Q4以降の推移を見てみましょう。

f:id:kuma-to-hachi:20131213140151j:image

出典:

Thomson Reuters GFMS, World Gold Council

もっとも大きな変動を示しているのはパープルのラインで示した金ETFでしょう。なかでも目を引くのが2013年第2四半期で、価格急落時期とぴったりと重なります。

ETFと対照的な動きを示しているのが、ジュエリーと地金・コインの2項目で、価格が下がるほどに需要が拡大しています。

欧米のファンドが売った金ETFの大型金塊がリファイナリーで小型金塊に鋳直されて、アジア中東欧州の個人へという構図です。

個人の金購入意欲は根強いものがありますから、欧米ファンドによる金ETFの売りが止まれば、(それがいつのことか明言は出来ませんが)需給はしっかり引き締まることが予想されます。

ここでふたつ補足しておきます。

ひとつはジュエリーの需要について、です。あまりよく知られていないことですが、アジア中東において高品位ジュエリーは、資産と同様の位置づけにあるということです。ですからジュエリーの需要の半分くらいは、投資需要とみなして構わないと思っています。

もうひとつ、チャートからは分かりませんが、2006年以降、長く売り越しが続いていた日本のジュエリー需要・個人投資需要が、この第3四半期に、買い越しに転じています。あまり注目されていないようですが、潮の流れに変化の兆しが見え始めた印象です。

(参考)

→日本の金需要、プラスに転じる?


本日はここまで。

経済アナリスト、そして金市場の第一人者の豊島逸夫氏にも推薦されている金のブログ「はじめての金読本」より。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース