金市場ニュース

金価格ディリーレポート(2021年2月22日)金価格は1800ドルを超えたものの、工業用コモディティーへは多額の投機的資金流入

金価格は、月曜日のロンドンでは、金曜日の7ヶ月ぶりの低さから2.6%上昇し、トロイオンスあたり1800ドルを超えていました。
 
この間、金地金の世界2大消費国からの需要増加の兆しが見られ、銅価格が10年ぶりの高値を更新していました。
 
金地金の現物スポット価格は、ニューヨークでの取引開始時には、1オンス1806ドルまで上昇し、先週の1760ドルまでの下落から回復しましたが、今年の取引では5%近く下落していました。
 
ドルインデックス(主要通貨に対する米国通貨の価値を示す指標)は、2営業日連続で下落した後、ほぼ横ばいで取引され、一方で主要国債価格は、新年以来ほとんど休むことなく下落した後、安定的に推移していました。
 
これにより、10年物の米国債利回りは、一年ぶりの高さの年率1.40%近くへ上昇後下げていました。
 
シカゴの証券会社Zaner Groupのピーター・トーマス氏は、金曜日の下落について、「金利が上昇し、インフレ期待がピークアウトしているため、 金に多くの利食いが見られ、人々は金から銅などの工業用金属へと資金を移動している」と述べていました。
 
そして、「完璧な嵐だ 」と続けていました。
 
ロンドン金属取引所(LME)の銅の3ヶ月物相場は、月曜日には3.1%も上昇して1トンあたり9,187ドルとなり、2011年9月以来の高値を記録していました。
 
「今週末の正月休暇から中国のトレーダーが戻ってきたことで、 銅の取引は盛り上がりを見せた」と、デリバティブブローカーであるKindom Futureのマルコム・フリーマン氏は述べていました。
 
金価格と銅価格の推移 セントルイス連銀より
 
主に工業用金属である銀の価格は、月曜日の昼過ぎにロンドンで1.0%上昇してトロイオンスあたり27.83ドルとなり、先週の0.3%の下落を回復し、2月初めにほぼ 30ドルと8年ぶりの高値に達した後、2021年は年初からこれまでに3.4%高と上昇しています。
 
プラチナはまた、その需要の3分の2を工業用途であることからも、 先週の月曜日に1340ドルで6年ぶりの高値を更新した後、トロイオンスあたり1271ドルと週間で0.5%下落し、2021年は年初からほぼ20%の上昇をしています。
 
2021年に入ってから29%以上上昇した欧州原油は、米国南東部を 襲った寒波から生産停止が続く中、生産国で構成されるOpec+の国々が次回の会合で生産枠の固定化をめぐって議論しているとの報道を受け、バレルあたり63ドルを超えて上昇していました。
 
上海黄金取引所(SGE)の金価格はロンドン受け渡し金価格に対してプレミアムを継続し、月曜日にはトロイオンスあたりほぼ9ドル近くまで上昇していました。これは、Covid-19が発生する前に見られた平均値であり、昨年の旧正月に以降は、ロンドン受け渡しである世界指標の金価格をはるかに下回る水準へと、世界最大の金消費国の価格を押し下げていました。
 
中国黄金協会によると、中国の家庭用金需要は昨年の同期間から7日間の春節の休日の間に80%で跳ね上がっていたことを明らかとしていました。
 
世界第2位の金消費国であるインドでも需要は回復しており、先週の価格下落で、インドルピー建てで昨年6月以来の最安値を記録したことで、国内のディーラーはロンドン相場よりも1オンスあたり7ドル高いプレミアムを付けていました。この価格に含まれる関税は、今月のインド政府の予算発表で、輸入関税が12.5%から7.5%に大幅に引き下げられていました。
 
これら世界最大の金消費国とは対照的に、欧米の金を裏付けとした信託ファンドは縮小を続けており、世界最大の金ETF銘柄のSPDRゴールド・トラスト(NYSEArca: GLD)は6週連続、iShareゴールドETF(NYSEArca: IAU)は5週連続で投資家の資金の流出を記録していました。
 
このGLDは、ファイザー社が新型コロナウィルスのワクチンの臨床試験に初めて成功したことを発表した11月以降、10%も縮小しています。
 
米商品先物取引委員会(CFTC)の最新データによると、ヘッジファンドやマネーマネージャーも先週、コメックスの金先物・オプションの強気のポジションを切り下げ、銀の強気ポジションを増加させていました。

ホワイトハウス佐藤敦子は、オンライン金地金取引・所有サービスを一般投資家へ提供する、世界でも有数の英国企業ブリオンボールトの日本市場の責任者として、セールス、マーケティング及び顧客サポート全般を行うと共に、市場分析ページの記事執筆および編集を担当。 現職以前には、英国大手金融ソフトウェア会社の日本支社で、マーケティングマネージャーとして、金融派生商品取引のためのフロント及びバックオフィスソフトウェアのセールス及びマーケティングを統括。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース