金市場ニュース

金価格ディリーレポート(2020年7月13日)金銀ETFの残高が増加する中でコメックスの強気ポジションの動きは鈍いものの、金は1800ドル、銀は19ドルを超える

金価格は月曜日に先週の上昇基調を受け継いで上昇しています。

この間、世界の新型コロナウィルス感染拡大は広がっており、米中対立も深まる中で、欧州株価はアジア株価同様に上げ幅を広げており、金を裏付けとするETFは着実に残高を増加させています。

世界保健機関は、昨日新型コロナウィルス感染者数が過去24時間で23万370人と過去最多を更新したと明らかにしています。

金現物価格は月曜日ロンドン時間昼過ぎに0.5%高のトロイオンスあたり1808ドルを付けていました。これは、先週の9年ぶりの最高値から10ドル低いものです。この間、ドルインデックスは弱含んでおり、今月に入り対主要通貨でほぼ1%下げています。

そのために、ユーロ圏の投資家にの金価格の上値を抑えて、トロイオンスあたり1600ユーロと、先月の最高値から2.2%低い水準となっていました。

「現在の金の上昇はとても興味深い時に起きています。」とスプレッドベッティングのブローカーであるHYCMの主任通貨アナリストのGiles Coghlan氏は述べ、「それは政府がコロナ後の経済回復を促す間に、感染者数は継続して増加しており、長期に渡る景気停滞を投資家が懸念している事は明らかであることからです。」と続けています。

「プライベートバンクは、資産家の人々にポートフォリオの一部に金を保有することを勧めています。これは、すべての人々が経済が回復段階に来ているという自信がないことからでしょう。」とコメントしています。

金を裏付けとするETFは、その最大規模のSPDRゴールドシェアと第2規模のiShareゴールド共に15週連続でその残高を増加させています。

SPDRゴールドシェアは先週多少残高を減少させていましたが、週間としては0.8%その残高を増加させ1200トンと、7年ぶりの高い水準となっています。また、iShareゴールドは、週間で1.5%増加させて429トンと過去最高を更新しています。

なお、金ETFは今年前半期で既に400億ドルの資金の流入となっており、これは重量にして734トンで、これにより金ETF残高総量は、世界金準備第2位のドイツ中央銀行を上回る量となっています。

それに対し、最新のデータによると、先週火曜日の段階でコメックス金先物・オプションの資産運用業者のネットロングポジションは、金価格の上げ幅に対して、見劣りのする動きとなっていました。

金価格は2011年の最高値を試そうとする中で、コメックス金先物・オプションの資金運用業者のネットロングポジションは、2月の最高値の470億ドルを30%下回るものです。

そして、コメックス銀先物・オプションの資金運用業者のネットロングポジションは、価格が3月にCovid-19の感染拡大懸念で11年ぶりに付けた低値から64%上昇する中で、過去5年間の平均を25%上回るものでしかありません。

なお、銀のETFの最大銘柄のiShareシルバーは、先週金曜日の一日で1%増、週間でも2.75%と金同様にその残高を増加させ、10週連続の増加を記録していました。

そして銀価格は、本日2.2%高のトロイオンスあたり19.15ドルをロンドン昼過ぎに付けていました。このように19ドルを超えたのは、過去50年間で6回のみに過ぎません。その間プラチナはトロイオンスあたり850.62ドルと前週終値から2.7%大きく上昇していました。

このために、金銀比価は94.40と4ヶ月半ぶりの低さを付けていました。

本日アジア株価は、中国のCSI300指数が3%を超えて急騰したことに牽引されて上昇していました。これは、先週金曜日にトランプ大統領が米中関係は新型コロナウイルスによって「ひどく損なわれた」とコメントし、対中貿易交渉の第2段階については考えていないことを明らかにしていました。また、本日中国政府は、先週米政府が中国高官にウィグル人権侵害で制裁措置をとった対抗措置として、米国政治家へ制裁を行うことを発表していました。

上海黄金交易所の金価格とロコロンドン受け渡し金価格は、本日も先週同様にトロイオンスあたり23ドルのディスカウントを付け、中国国内の供給が需要を上回っていることを示唆していました。

それに対し、世界第2位の金消費国のインドのディスカウントは先週今年初めて、過去最高値の中でもプレミアムとなっていたことが伝えられていました。これは、金の輸入量が前年比6月にルピー安でルピー建て金価格を釣り上げたことから需要が激減し、またCovid-19に対するためのロックダウンで航空機による輸入ができなくなったことで86%減と大幅に減少していたことからでした。そこで、ロコ・ロンドンとインドの現物価格の差は、22ドルのディスカウントから3ドルのプレミアムとなっていたと、ロイターが伝えていました。

インドの金価格は12.5%の関税と3%の売上税を含みます。

 

ホワイトハウス佐藤敦子は、オンライン金地金取引・所有サービスを一般投資家へ提供する、世界でも有数の英国企業ブリオンボールトの日本市場の責任者として、セールス、マーケティング及び顧客サポート全般を行うと共に、市場分析ページの記事執筆および編集を担当。 現職以前には、英国大手金融ソフトウェア会社の日本支社で、マーケティングマネージャーとして、金融派生商品取引のためのフロント及びバックオフィスソフトウェアのセールス及びマーケティングを統括。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース