金市場ニュース

ベアー・スターンズ破綻以降の金相場について

BullionVaultのリサーチ主任エィドリアン・アッシュが、3年前の昨日破綻したベアー・スターンズ(Bear Stearns)以降の金相場を分析しています。

リーマン・ブラザーズが破綻する6ヶ月前、そして金融の量的緩和が行われる12ヶ月前に、ベア・スターンズは、サブプライムローン問題が原因で経営が急速に悪化し、JP・モルガン・チェースに救済買収されました、このウォール・ストリートにおいて伝説となった出来事を覚えているでしょうか。

それでは、ここで再び思い起こしてみましょう。

先のチャートで、この銀行が破綻したことによる影響が見ることができます。それは、1000ドルを初めて超えた激し価格の動きです。これは、3年前の3月17日のことでした。

BullionVaultにおいては、金価格がトロイオンスあたり1000ドルに近づいていた4日前に、トロイオンスあたり1000ドル取引がされたのでした。それは、カナダ人の顧客によるものでした。この顧客は、卸売り金価格であるスポット価格が4桁に近づいた際に、既にスイス保管場所で保有する5オンスの金を香港の投資ファンドへトロイオンスあたり1000ドルで売却したのでした。

翌月曜日にベアー・スターンズがJPモーガンに7ペンスで救済買収され、金は過去18ヶ月の最高値を記録しました。その後、米国ドルと日本円以外の投資商品は、「リーマン」と書かれたブラックホールの中に吸い込まれるように急落していくこととなりました。そのため、このカナダ人顧客の金売却のタイミングは素晴らしいものと思われました。特に、保有していた金を、2年に至らない間に、その購入費用の倍で売却したということからも。

金価格は、2008年3月17日以降も上昇を続け、株式、債券など、銀をのぞく、ほぼ全ての投資商品を上回る収益率を上げています。しかし、過去3年間の上昇率である36%は、それ以前の上昇率と比べると、ペースが落ちたかのように感じさせます。

金価格は、上昇を始めた10年前から、ベアー・スターンズ破綻後も、そして現在も未だ下降傾向は見られないようです。

*****************

金の購入をお考えですか。英国女王賞を受賞したオンライン金取引において世界一の実績を持つ、BullionVaultをお試しください。

エィドリアン・アッシュは、ブリオンボールトのリサーチ主任として、市場分析ページ「Gold News」を編集しています。また、Forbeなどの主要金融分析サイトへ定期的に寄稿すると共に、BBCに市場専門家として定期的に出演しています。その市場分析は、英国のファイナンシャル・タイムズ、エコノミスト、米国のCNBC、Bloomberg、ドイツのDer Stern、FT Deutshland、イタリアのIl Sole 24 Ore、日本では日経新聞などの主要メディアでも頻繁に引用されています。

弊社現職に至る前には、一般投資家へ金融投資アドバイスを提供するロンドンでも有数な出版会社「Fleet Street Publication」の編集者を務め、2003年から2008年までは、英国の主要経済雑誌「The Daily Reckoning]のシティ・コレスポンダントを務めていました。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース