金市場ニュース

ニュースレター(2014年2月28日)1326.50ドル 米経済指標で価格は動き、イエレン議長証言後来週の雇用統計待ちとなる

週間市場ウォッチ

今週金曜日のPM Fix価格は、トロイオンスあたり1326.50ドルと前週同価格から0.2%の上げとなっています。

週明け月曜日は、特に大きなニュースがない中、緩やかに上昇をすることとなりました。これは、金のETFが減少から少なからずも増加していること、またNYコメックスのネットのロングポジションも増加していることから、投資家のセンチメントが変わってきていたことからのようです。


火曜日は米国経済指標の2月消費者信頼感指数、2月リッチモンド連銀製造業指数がともに予想を大きく下回るものであったために、米国景気先行き不安(つまり量的緩和縮小ペースの変更観測)などから、価格が上昇することとなりました。

水曜日は、今週の上げの利益確定で下げる中、米国主要経済指標の1月新築住宅販売件数が予想を上回ったために、金価格の調整が行われ、更に下落することとなりました。

木曜日は、同日まで延期されていたFRBイエレン議長の上院での証言が行われ、量的緩和縮小を含む政策の継続が確認されたものの、昨今の指標が示す経済減速の可能性について、「状況に応じては再考(量的緩和縮小停止)もある」との解釈が市場で一時広まり、価格が上昇することとなりました。しかし、「量的緩和を今年秋の時点までには終了の予定」とも述べたことから、価格はその後戻すこととなりました。

本日金曜日は、昨日のイエレンFRB議長の上院での証言でも今後の経済指標などで悪天候の影響を見るとしたことからも、来週の雇用統計を前に狭いレンジでの取引となりました。

他の市場のニュース


  • 今週カリフォルニアで10億円相当の19世紀後半の金貨が裏庭から発見されたこと。このニュースについては、「米ゴールドカントリ-での金貨秘蔵から学んだことは」でまとめています。

  • ロンドンフィキシングの不正操作の可能性のレポートについて主要メディアが伝えたこと。

ブリオンボールトニュース

先週末のファイナンシャル・タイムズの「金投資方法」の特集記事で、ブリオンボールトのサービスが取り上げられました。ここでは、昨年の28%の急落後、今年に入り9%上昇している金価格が、年末までに1450ドルへと上昇すると予想しているエコノミストもいることを紹介し、金の異なる投資方法の中で紹介されました。

CNBCの「ウクライナ情勢への懸念から、金が4週目の価格の上昇を見せるか?」の記事で、ブリオンボールト米国市場責任者のミゲル・ペレスーサンタイアの「米国の経済のファンダメンタルは人々が認識しているよりも弱いものだ」というコメントが取り上げられました。

今週ブルームバーグの「米国造幣局による金貨販売量が昨年9月以来の低水準へ向かう」の記事で、ブリオンボールトの米国市場開発責任者のミゲル・ペレスーサンタイアのコメント「多くの現物購入者は、価格の急騰で購入を控えている。」が取り上げられました。

また、今週水曜日のウォール・ストリート・ジャーナルの「金が4ヶ月来の高水準から戻す」の記事で、ブリオンボールトのリサーチ主任エィドリアン・アッシュのコメントが取り上げられました。

今週のブリオンボールト市場分析ページには下記の記事が掲載されました。

今週の主要経済指標の結果と解説は、下記のリンクでご覧いただけます。

ロンドン便り

今週は、英国のメディアで多く取り上げられている、スコットランドの独立をめぐるニュースについて。

まず、スコットランドの独立運動の背景を簡単に説明します。

スコットランドは、1707年にイングランド王国と合同でブレートブリテン王国が成立するまでは独立した国でした。しかし、アイルランドからのケルト系スコット人を祖先とするスコットランドと、現在のドイツ北部より渡ってきたアングロサクソン人が築いたイングランドは、民族的にも歴史的にも異なることから、一国の中にありなからもそれぞれが独自のアイデンティィーを持ち続けています。

話はそれますが、ラグビーの大会の欧州6カ国対抗戦や、サッカーのワールドカップにおいては、イングランドとスコットランドは、それぞれ独立して戦っています。また、昨年アンディー・マリーがウィンブルドンで優勝した際も、スコットランド自治政府首相のアレックス・サモンド氏がスコットランド旗を大きく掲げるなど、スコットランド独立問題が垣間見られることとなりました。

近年、労働党政権時代にスコットランド出身のトニー・ブレア元首相とゴードン・ブラウン元首相の下で権限移譲が進み、1999年にスコットランド議会が設置され、今年9月18日にはスコットランドの独立の是非を問う住民投票を実施する予定となっています。

今月に入り、スコットランドが独立した際の通貨に関して、ジョージ・オズボーン英財務相が、ポンドを使い続けることはできないとし、欧州委員会のバローゾ委員長もまた、独立後のEU加盟に懐疑的な発言を行ったために、独立推進派にとって苦しい状況が続いていました。

そして、昨日はスコットランドに本社を置く英国生命保険会社でも最大手のスタンダードライフ社が、スコットランド独立後は本社をスコットランドから移すことになると、警笛を鳴らしています。

スコットランド独立を支持しているのはスコットランドでも30%に至らないとは言われていますが、長年英国からの独立を夢見てきている人々にとって、その道のりは必ずしも安易なものではないようです。

最後に、スコットランドを含む英国北部で、昨夜は珍しくオーロラとも呼ばれる北極光(Northan Lights)が見られました。残念ながらロンドンでは見ることができませんでしたが、この美しい写真の数々を、よろしければBBCサイトでご覧ください。

ホワイトハウス佐藤敦子は、オンライン金地金取引・所有サービスを一般投資家へ提供する、世界でも有数の英国企業ブリオンボールトの日本市場の責任者として、セールス、マーケティング及び顧客サポート全般を行うと共に、市場分析ページの記事執筆および編集を担当。 現職以前には、英国大手金融ソフトウェア会社の日本支社で、マーケティングマネージャーとして、金融派生商品取引のためのフロント及びバックオフィスソフトウェアのセールス及びマーケティングを統括。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース