金市場ニュース

ニュースレター(2013年10月25日)1347.75ドル 米雇用データ悪化から量的緩和縮小先送り観測が広がる

週間市場ウォッチ

今週金曜日のPM Fix価格は、トロイオンスあたり1347.75ドルと前週同価格から2.3%上げています。

週明け月曜日は、財政協議で政府機関が一部閉鎖されていたために延期されていた米国雇用統計が、翌日に発表されることもあり、狭いレンジの取引となりました。

翌火曜日は、米国9月雇用データが発表され、非農業部門雇用者数は148,000人と180,000人の予想と前回169,000人(修正値193,000人)を下回ったことから、量的緩和縮小先送り観測が広がり、金価格はトロイオンスあたり30ドルほど急騰することとなりました。また、9月の失業率は、7.2%と前回及び予想の7.3%から改善したものの、労働参加率が下げていることからも、雇用状況改善とは取られなかったようです。

水曜日、金価格は前日の反発もあり、緩やかに下げることとなりました。また、同日中国人民銀行が、不動産価格上昇などのインフレ懸念から金融引き締め姿勢を強めるとの観測が広まり、銀行間金利が上昇したことからも、上海や欧州、米国株式市場が下げることとなりました。

木曜日は、米国週間新規失業保険申請件数が、予想を上回り、先週の数値も上方修正されたことなどから、今週の雇用統計データの結果同様に、量的緩和縮小先送り観測が広がり、ドルが売られ金が買われ、トロイオンスあたり1350ドルを超える水準まで押し上げられることとなりました。

本日金曜日は、昨日の反発で多少下げたものの、本日発表の10月ミシガン大消費者信頼感指数は予想を下回っており、量的緩和縮小先送りの観測が広がる中、ロンドン時間午後3時には昨日の水準近くまで上昇しています。

来週は29日と30日に連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されるため、市場はこの動向に注目することとなります。市場観測は、財政協議が先送りされたこともあり、量的緩和縮小は来年に持ち越されるであろうという意見が大勢を占めていますが、声明文の内容によって、市場が動く可能性があります。

他の市場ニュース


  • CNBCのインタビューで、米シカゴ地区連銀のエバンズ総裁が21日、米連邦準備理事会(FRB)が12月の連邦公開市場委員会(FOMC)で緩和縮小を決定するほどに景気回復の力強さに十分な自信を持てるかは「困難」との見方を示したこと。しかし、企業や消費者の活動が堅調になれば「成長は大きく上向く」とし、「そうなれば、われわれはより速く(緩和規模を)縮小できる。開始には遅延があっても、終盤で速度を上げることもできる」とも述べたこと。

  • インドの金のプレミアム(ロンドン受渡との差)が、トロイオンスあたり130ドルと記録的高さとなったこと。

ブリオンボールトニュース

今週のブリオンボールト市場分析ページには下記の記事が掲載されました。

また、今週の主要経済指標の結果と解説は、下記のリンクでご覧いただけます。

ロンドン便り

今週英国では23日に行なわれた、ウィリアム王子とキャサリン妃の第一子であるジョージ王子の洗礼式について広く報道されていました。

ジョージ王子は王位継承順位は第3位。当日は公式写真の一枚として、エリザベス女王と将来の国王3人、チャールズ皇太子、ウィリアム王子、ジョージ王子が写る、4世代写真も公開されました。このように4世代が写る写真は、ビクトリア女王の曾孫の洗礼式の1984年以来とのこと。

この洗礼式は私的行事として行なわれたものですが、人気の高いウィリアム王子とキャサリン妃の第一子であり、王位継承第三位の王子ということからも、本日の主要日刊紙の第一面には、洗礼式のジョージ王子の写真が並ぶこととなりました。

ちなみに、洗礼式では、男の子であっても通常洗礼用のローブと呼ばれるレースなどで飾られた洋服を着用します。今回のローブは、1841年にビクトリア女王の最初の娘の洗礼式の時に使われたローブのレプリカで、このスタイルはそれ以来ロイヤルベィビーの洗礼式で使われてきているものであるとのことです。

ジョージ王子とウィリアム王子とキャサリン妃の三人の公式写真は、ジョージ王子が両手を元気に挙げている、堅苦しくない微笑ましいものです。このように伝統を守りながらも、新しいロイヤルファミリーの形を自分達なりに作り出しているウィリアム王子とキャサリン妃の人気は益々高まっているようです。

**********************

資産保護のために金の購入をお考えですか。金市場調査団体のワールドゴールドカウンシル(WGC)が資本参加をしている、オンライン金取引において世界一の実績を持つブリオンボールトでは、日本のお客様にスイスでの金保管サービスを提供しています。

ホワイトハウス佐藤敦子は、オンライン金地金取引・所有サービスを一般投資家へ提供する、世界でも有数の英国企業ブリオンボールトの日本市場の責任者として、セールス、マーケティング及び顧客サポート全般を行うと共に、市場分析ページの記事執筆および編集を担当。 現職以前には、英国大手金融ソフトウェア会社の日本支社で、マーケティングマネージャーとして、金融派生商品取引のためのフロント及びバックオフィスソフトウェアのセールス及びマーケティングを統括。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース