金市場ニュース

金の保有比率を再考する

初心者にも分りやすい金のブログとして、経済アナリスト、そして金市場の第一人者の豊島逸夫氏にも推薦されている「はじめての金読本」で、投資家から質問されることがある「金の保有率」について、一般的な保有率の目安とその背景を解説した上で、提言しています。

f:id:kuma-to-hachi:20130906094333g:image

ときおり金の保有比率についての質問が入ります。金読本では資産の1割とお話しているのですが、にもかかわらず質問が入るのには理由があります。

メール文面から共通して感じられることとは、2、3割ほど保有したいのだけれど、誰もが1割と言うので踏み出しにくい、というもの。

つまり、かくがくしかじかの考え方をすれば、2、3割なら保有しても構わないのでは、と、そんな背中を押してくれる言葉がほしいのです。

そこで、あらためて金の保有比率について、久しぶりに考えてみようと思います。

個人の金の保有比率は資産の1割と語られ、まるで金科玉条のごときものとなっています。けれど、じつはこの「1割」という数字に、明確な理由が存在するわけではありません。

それでも、あえてこじつけると理由はふたつ。

ひとつ目は、中央銀行の金準備比率*1の世界平均がおよそ1割程度となっていること。ふたつ目は、欧州のプライベートバンクでは、昔から資産の1割弱を金で保有することを顧客に推奨していたということです。他の金融資産に対するヘッジとして、です。

いわば長年の経験則みたいなものですから、あだや疎かにするものでもありません。

ただ、こんな考え方もあります。

金現物を買って保有している人は、懐疑的な傾向があるように感じます。

商売で痛い目を経験したのかも知れません。バブル崩壊で不信感を募らせたのかも知れません。どんな理由があるか定かではありませんが、どこかに「不信」の虫を抱えているようです。

ですから、このように捉えてはいかがでしょう。ご自身の社会に対する不信感の度合いに応じて、希望する「金の保有比率」は決めれば良い、と。

ただし、金の保有比率を高めれば高めるほど、資産全体が、金価格の変動リスクに大きくさらされ、影響されることになります。このことは、しっかりと自覚して、ご自分なりの比率を決めれば良いと思います。

本日は、ここまで。

********************

資産保護のために金の購入をお考えですか。ワールドゴールドカウンシルが資本参加をしている、オンライン金取引において世界一の実績を持つブリオンボールトでは、日本のお客様が、スイス、英国、米国、シンガポール、トロントで金保管をすることができる海外投資サービスを提供しています。

経済アナリスト、そして金市場の第一人者の豊島逸夫氏にも推薦されている金のブログ「はじめての金読本」より。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース