金市場ニュース

BREXIT後に金投資需要が2012年の高水準へと上昇

4年ぶりの記録的な高水準でブリオンボールトの顧客は先月8月に500キロ近い金を購入、保管しました。

ブリオンボールトの個人投資家による金投資需要は、8月に2012年後半以来の高いものとなりました。そのため、BREXIT(英国のEU離脱を決めた国民投票)後のショックによる金価格の上げを戻す中で、ブリオンボールトの顧客の金保有総量は500キロ近く増加することとなりました。ここで、リサーチ主任のエィドリアン・アッシュが解説しています。

顧客が購入し保管した金総量は、8月に470キロとなり、ほぼこの全てがブリオンボールトの保管場所の中でもスイスのチューリッヒに保管されています。(ブリオンボールトでは、ロンドン、ニューヨーク、シンガポール、トロントでも金を保管することができます。)これにより、個人投資家がブリオンボールトで保管する金総量は35.7トンへと増加することとなりました。

この金保管量の評価額は約15億ドル(約1550億円相当)で、この量は、多くの中央銀行の金準備量や、世界で84の金の上場投資信託(ETF)のトップ12を除く72の金ETFの残高を上回ります。

過去に金の需要がこのように高まったのは、2012年夏に高値をつけた後に金価格が急落した時でした。しかし、2016年8月はドル建て金価格が4ヶ月継続して上昇している時であり、このようなパターンは世界金融危機後に金価格がピークを記録した2011年夏からは見られていません。

2016年8月の平均ドル建て金価格は0.3%上昇していますが、4月以来の低い上げ幅となりました。そのため、金保管量を増加させた個人投資家数は6%減少しましたが、金を売却した個人投資家が49%減と大幅に減少したことで、ネットの購入・保管量を押し上げることとなりました。

そのため、ブリオンボールト金投資家インデックスは、2013年4月以来の3年ぶりの高水準の56.0へと上昇し、7月の53.4も上回りました。

金投資家インデックスは個人投資家の金現物投資傾向を表します。これは、24時間運営されているブリオンボールト社の市場でユーザーによって売買された取引データから産出されたいます。この指標は、その月の金のネット購入者数とネット売却者数のバランスを表し、この数値が50の場合は、その月のネット購入者数とネット売却者数が完璧に一致したことを意味します。

金投資家インデックスは、2011年7月に71.7と最高値、そして2014年から2015年の冬には50.5という最低値を記録しています。これらの数値は、実際に取引されたデータを基に算出されているために、投資家へのアンケート等を基に出されている、投資をする意図を表すデータとは異なります。

銀の需要の高さも8月に続く中、BREXIT後に銀価格が付けた2年ぶりの高値から8月の月間平均が1.5%下げる中、銀の売却量も大幅に下げ、月間のネット購入者数は7月から6%下落しているものの、売却者数は前月比47%減と大きく下げることとなりました。

そのため銀投資家インデックスは、8月に57.3と、前月の53.0を大きく上回ることとなりました。これは、2013年4月の銀価格急落時に需要が急増して以来の高い数値となります。

これにより、顧客が保有する銀の保管量は、重量にして1.8%増で11トン増の614トンと、評価額3億7000万ドル(約380億円)と過去最高の水準となっています。

エィドリアン・アッシュは、ブリオンボールトのリサーチ主任として、市場分析ページ「Gold News」を編集しています。また、Forbeなどの主要金融分析サイトへ定期的に寄稿すると共に、BBCに市場専門家として定期的に出演しています。その市場分析は、英国のファイナンシャル・タイムズ、エコノミスト、米国のCNBC、Bloomberg、ドイツのDer Stern、FT Deutshland、イタリアのIl Sole 24 Ore、日本では日経新聞などの主要メディアでも頻繁に引用されています。

弊社現職に至る前には、一般投資家へ金融投資アドバイスを提供するロンドンでも有数な出版会社「Fleet Street Publication」の編集者を務め、2003年から2008年までは、英国の主要経済雑誌「The Daily Reckoning]のシティ・コレスポンダントを務めていました。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース