金市場ニュース

金市場から見る世界の動き(その2)金の需要と供給

「金市場から見る世界の動き」として、10月にロンドンの日本人のビジネスネットワークであるフレミング会で、ブリオンボールト日本市場責任者のホワイトハウス佐藤敦子が行った講演を、それぞれのカテゴリーごとに、ビデオでお届けします。

このビデオでは、金市場から見る世界の動きとして、昨今の金の需要と供給の動向を説明します。

 

世の中に現存している金は2010年末で166,600トンほどです。これは、容積に換算するとオリンピックプールの3杯半程度です。そして、まだ 採掘されていない金の埋蔵量は、確認されているもので、5万トンから7万トンほどです。金は過去10年間に、年間生産量が約2400から2600トン程度 で推移していますので、新たな鉱脈が見つからなければ、約30年ほどで枯渇してしまうことになります。そのため、通貨は国がすれば増やすことができます が、金はそのようなことができないという希少性が、通貨という側面を持ちながらもとてもユニークであるといえます。

それでは、この続きはビデオでご覧下さい。

 

ホワイトハウス佐藤敦子は、オンライン金地金取引・所有サービスを一般投資家へ提供する、世界でも有数の英国企業ブリオンボールトの日本市場の責任者として、セールス、マーケティング及び顧客サポート全般を行うと共に、市場分析ページの記事執筆および編集を担当。 現職以前には、英国大手金融ソフトウェア会社の日本支社で、マーケティングマネージャーとして、金融派生商品取引のためのフロント及びバックオフィスソフトウェアのセールス及びマーケティングを統括。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース