金市場ニュース

金価格ディリーレポート(2022年3月7日)ロシアの原油輸入禁止協議で原油が急騰し、世界株がスタグフレーション懸念で急落する中で、金価格が2000ドルを超える

本日金価格は2000ドルに達し、パラジウムは過去最高値を更新していました。
 
それは、ロシアのウクライナへの侵攻が激化し、世界の株式市場が再び急落し、スタグフレーション懸念が悪化し、米国とEUがロシアからの原油輸入禁止の可能性について協議する中で、原油価格が13年ぶりの高値に急騰する中のことでした。
 
金相場はアジア取引開始時に急騰し、米ドル建てで1.5%上昇し、 2020年8月の過去最高値以来の高値となるトロイオンスあたり2001ドルに達していました。
 
一方株式市場は、ニューヨークのオープンを前に欧米の株式が反発して下げ幅を削る前に、ロンドンのFTSE100で2.7%、ドイツのDAXで4.0%と大きく下落していました。
 
この株価の反発は、月曜日ロンドン時間昼過ぎに金価格が先週の終値である1970ドルまで下げ幅を広げた際と重なりましたが、MSCIワールドインデックスは新年のピークから10%以上下落していました。
 
主要な国債価格も下落し、長期金利を押し上げる中、欧州原油価格の指標であるブレント価格は、月曜日のアジア取引開始時に18%以上跳ね上がり、1バレルあたり139.13ドルと2008年7月以来の高値に達していました。
 
金のブレント原油価格の推移 出典元 LBMAとセントルイス連銀のデータを基にブリオンボールトが作成
 
アントニー・ブリンケン米国国務長官は日曜日に、「我々は現在、ヨーロッパのパートナーや同盟国と、世界市場に適切な石油の供給があることを確認しながら、ロシアの石油の輸入を禁止する見通しについて 協調的に検討するよう話し合っている。」と述べていました。
 
「現段階ではとても活発な議論です。」と続けていました。  
 
英国ポンド建て金価格は、本日ロンドン時間午前中に2.0%上昇しオンスあたり1520ポンドと18ヶ月ぶりの高値、ユーロ建てでは2.3%上昇し1846ユーロと史上最高値をつけていました。
 
また、日本円建て金価格はグラムあたり7407円と、2月中旬に記録した最高値を1.8%上回り、過去最高値を更新していました。
 
原油価格は先週金曜日、イランの核開発問題をめぐる協議が難航し、イラン産原油を再び世界市場に流通させるという 合意が得られなかったため、すでに2008年以来の高値まで急騰していました。
 
そして、ロシアが主要供給国である欧州の天然ガス卸売価格も高騰し、昨年の今頃はわずか1メガワット時(MWh)あたり16ユーロだった価格が、335ユーロと前週終値比18%跳ね上がり、過去最高を記録していました。
 
「石油とガスが高騰し、世界の成長への影響が懸念される中、金融市場には スタグフレーションの恐怖が漂っている。」と、英国の証券会社ハーグリーブス・ランスダウンのシニア投資・市場アナリスト、Susannah Streeter氏は語っていました。
 
「エネルギーと食糧の価格が大幅に上昇する中で安全性を求める動きが、 しばらくは金を支え続けるはずだ。」と、ブルームバーグにテクニカル・ストラテジストが語っていました。
 
「今日の環境下でインフレ問題に取り組めない場合、価格はトロイオンス2142ドルまで上昇する可能性がある。」とも述べていました。
 
国連によると、ロシアのウクライナ侵攻で「穀倉地帯」の輸出や作付けが打撃を受ける前から、世界の食料価格は先月すでに 過去最高値に跳ね上がっていました。
 
ブリオンボールト・リアルタイム・パラジウム価格チャート
 
排出ガス浄化装置として自動車触媒に使用され、毎年新規供給の40%がロシアで採掘されているパラジウムの価格は、先週27%上昇した後、月曜日の朝に14%上昇し、トロイオンスあたり3444ドルと、原油のように急騰した。
 
ロシアのウクライナ侵攻を受けて、ヨーロッパのほとんどの空域が ロシアからの輸送を遮断しているため、パラジウム鉱山会社で世界第一位のノリルスク・ニッケルは輸送のための「代替ルート」を検討しているとニュースワイヤーで報じられていました。
 
パラジウム価格はロンドン時間昼過ぎに上げ幅を失い、600ドル以上の下落で、先週終値の水準(先週までの史上最高値)を割り込んでいました。
 

ホワイトハウス佐藤敦子は、オンライン金地金取引・所有サービスを一般投資家へ提供する、世界でも有数の英国企業ブリオンボールトの日本市場の責任者として、セールス、マーケティング及び顧客サポート全般を行うと共に、市場分析ページの記事執筆および編集を担当。 現職以前には、英国大手金融ソフトウェア会社の日本支社で、マーケティングマネージャーとして、金融派生商品取引のためのフロント及びバックオフィスソフトウェアのセールス及びマーケティングを統括。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース