金市場ニュース

金価格ディリーレポート(2020年8月27日)金価格は、2%インフレ目標の変更が期待されるパウエルFRB議長の講演を待つ中で前日の上げ幅を失う

金価格は木曜日の朝方に下落しました。
これは、本日午後に予定されている市場注目のパウエル米連銀総裁の講演を待つ中で、前日の上げ幅を削って推移していました。
 
金現物価格は水曜日に1.2%上昇した後、本日ロンドン昼過ぎまでに0.7%下落してトロイオンスあたり1939ドルとなり、ドルインデックスはこの間2年ぶりの低水準を維持していました。
 
また、国債のベンチマークであるの米国10年物国債の利回りは、今週は連日上昇した後、本日は横ばいで推移していました。
 
米10年物国債利回りと金価格 出典元セントルイス連銀
 
パウエル氏はグリニッジ標準時13時10分にFRBの年次中央銀行会議で演説を開始する予定で、投資家はインフレと金融戦略に関する手がかりを求めていました。
 
「メッセージの主な要点は、 インフレ率をオーバーシュートしたいという願望を指し示している可能性が高いが、そこに到達するための具体的な政策はない」と、Cornerstone MacroのRoberto Perli氏とBenson Durham氏は水曜日のレポートに書いています。
 
「連銀がそのインフレ目標を緩めることが予想されている。それが必ずしも発表や示唆されなくともです。」とStoneXのアナリストであるRhona O’Connell氏は最新のレポートで、TIPS(財務省インフレ保護証券)の低下率を指摘しています。5年物TIPS指数の利回りは現在マイナス1.07%、30年物TIPSの利回りはマイナス0.35%となっています。
 
金地金は、しばしばインフレヘッジとして考えられており、これが現在貴金属を保有している多くの投資家にとって長期的な魅力となっています。最近のブリオンボールトが顧客に行ったアンケートによると、 金地金を購入する動機の第一位は、通貨の切り下げとインフレへの懸念であることが明らかとなっています。
 
連邦準備制度理事会の年次経済シンポジウムは、例年ワイオミング州ジャクソンホールで開催されています。今年はパンデミックの影響でヴァーチャルで行われています。シンポジウムと9月中旬のFOMC以降は、2020年11月3日に行われる米大統領選挙の翌日までFRB当局者の会合はありません。
 
大統領選までに100日を切ったトランプ政権が、南シナ海の紛争地域に前哨基地を設置するのに協力した中国企業に対して行動を起こしたのと同時期に、中国は同海域に4発のミサイルを発射したことで、南シナ海をめぐる米中の緊張は水曜日に高まりました。
 
過去3週間では、中国は北の渤海湾から東部沿岸、黄海、南シナ海という4つの沿岸地域で演習を実施。他の演習とともに「台湾海峡全般にわたる現在の安全保障状況」を念頭に置いたと説明しています。
 
それに対し、トランプ政権は先月中国の拡大した領海主張を明確に否定し、初めて空母を同海域に派遣して軍事演習を実施していました。
 
中国の上海黄金交易所の金価格は、世界最大の金消費市場である中国の中央銀行が1ドルあたり6.8903と過去7ヶ月間の新高値で中間点レートを設定したことを受けて、木曜日にトロイオンスあたり57ドルまで後退し、ロンドンに対する歴史的なディスカウントを緩和していました。
 
1月に中国の武漢Covid-19の流行が始まり、1月末に湖北省の他の都市を襲ったため、中国の価格とロコ・ロンドン価格の差は、これまでのプレミアム(中国の価格がロコ・ロンドンを上回る)から記録的なディスカウントに反転し、8月19日にトロイオンスあたり88ドルと最高値を付けていました。
 
本日ユーロ建て価格は0.4%下落してトロイオンスあたり1642ユーロとなっていました。この間、前日の米国の主要株価指数が5日連続で史上最高値を更新し、MSCI世界株式インデックスも過去最高を更新したにもかかわらず、欧州株価は下げていました。
 
ポンド建て金価格も0.5%下落し、トロイオンスあたり1470ポンド前後を推移していました。
 
銀地金現物価格は、前日3.5%上昇した後、本日昼過ぎに0.6%下落してトロイオンスあたり27.29ドルとし、金銀比価は3年ぶりの低い水準の71台にまで低下していました。
 
プラチナも0.6%下落してトロイオンスあたり934ドルとなり、水曜日の上昇分をほぼ失っていました。
 
原油価格は木曜日、メキシコ湾で発生した巨大なハリケーンが米国の石油産業の中心部に向かって猛威を振るっている中、堅調に推移していました。
 
本日木曜日の早朝にルイジアナ州に上陸したハリケーン「ローラ」は、米国本土に上陸したハリケーンの最大のものの一つで時速150マイルの強風をもたらし、今週の米国ウェスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)原油価格を押し上げていました。
 
今週木曜日の早朝にルイジアナ州に上陸したハリケーン「ローラ」の脅威は、時速150マイルの強風をもたらし、今週の米国ウェスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)の原油価格を押し上げている。

ホワイトハウス佐藤敦子は、オンライン金地金取引・所有サービスを一般投資家へ提供する、世界でも有数の英国企業ブリオンボールトの日本市場の責任者として、セールス、マーケティング及び顧客サポート全般を行うと共に、市場分析ページの記事執筆および編集を担当。 現職以前には、英国大手金融ソフトウェア会社の日本支社で、マーケティングマネージャーとして、金融派生商品取引のためのフロント及びバックオフィスソフトウェアのセールス及びマーケティングを統括。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース