金市場ニュース

英国王立難破船から引き上げたSilver Ingotでシルバーコイン鋳造

スタンダードバンク東京支店長の池水雄一氏が、「池水雄一のゴールドディーリングのすべて2」で、今月22日に英国王立造幣局で発売される銀貨の鋳造に至るまでの経緯を紹介しています。

今週は少しマーケットからは離れた夢のある話題にしましょう。

70年以上前になる1941年、英国王立造幣局(The Royal Mint)は戦争のため在庫がほぼ底をつきつつあったシルバーをインドから緊急輸入しました。その輸送船SS Gairsoppaには莫大な量の銀塊、銑鉄、お茶が積まれており、英国海軍の護衛を受けながら航海していましたが、激しい嵐に襲われ、ゲルソパ号は船団 を離脱し、西アイルランドのガルウエイ港に緊急避難のため向かっていました。しかし2月17日、ドイツのUボート潜水艦に標的にされ、その魚雷によりたっ た20分で沈没、船員たちはゴムボートで避難しましたが、最後に生き残ったのはたった1人でした。

2010年1月に英国政府はこの難破船の探索と引き揚げする会社を2年契約で入札し、これを得たのが米国フロリダを本部とする「Odyssey Marine Exploration」というサルベージ会社でした。そして2011年9月に、探索を開始してわずか2ヶ月でこの船がアイルランドの海岸から約 460kmの沖、水深4700mの海底に沈んでいるのを発見しました。

 
(Odyssey Explorer号と海中探査機)
 
 
(発見された海中のシルバーインゴット)
 

オデッセイは2012年と2013年に2年間かけて2792本のシルバーインゴットを回収(約61トン)、これはゲルソパ号が沈んだ時に保険がかけられ ていた量の99%以上という驚異的な回収となりました。1億5000万ポンドもの価値のシルバーの発見は、過去の難破船からの貴金属の回収としてはまさに 最大かつ最深のものでありました。ちなみにこの発見された貨物の80%はOdysseyの取り分、残りの20%が英国財務省のものとなりました。

このゲルソパ号から回収されたシルバーの一部は、シルバーコインを鋳造するための材料として使われています。2万枚限定の1/4オンス銀貨で4月21日 発売となる予定です。造幣局は4月4日からもはや鋳造を開始しています。造幣局の取締役は「この信じられないような物語は王立造幣局の1000年の及ぶ歴史のまた新たな1ページとなるでしょう。この銀貨を長い時間かけてようやく世に出すことができるのは大変幸せなことです。予定していたよりも70年遅れましたが。」

このコインは額面は50ペンスのいわゆる地金型コインです。シルバーの品位は99.9%。その限られた発行枚数からやはり記念銀貨としての正確のほうが強いといえます。価格は一枚30ポンド(約5000円)。シルバーの価値としては1/4オンスは現在約500円。ということはシルバーの価値だけを考える と約10倍のプレミアムとなっています。ただし特製の化粧ホルダーに入り、3回のシリーズで放送された「Silver Rush」というゲルパソ号発見から引き上げまでのドキュメンタリー番組のDVDも付属することとやはり70年間も海のそこに沈んでいたいわくつきのシル バーが材料であることを考えるとそれくらいのセンチメンタルバリューがあるのかもしれませんね。The Royal MintのWeb siteで購入が可能です。ただ海外配送にまで対応してくれるかどうかは定かではありませんが。興味がある方ぜひ買ってみてください。僕も一枚欲しいなと 思っています。
 
 
 
 
 

以上

池水雄一氏は、貴金属ディーリングの世界でも第一人者。上智大学を卒業後、住友商事、クレディ・スイス、三井物産、スタンダードバンクと貴金属ディーリングに一貫して従事し、現在はスタンダードバンク東京支店長。Oval Next Corp.サイトで市場分析ブルース(池水氏のディーラー名)レポートも掲載。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース