金市場ニュース

年末年始のゴールドマーケット

スタンダードバンク東京支店長の池水雄一氏が、「池水雄一のゴールドディーリングのすべて2」で、年末年始の金の市場を解説しています。

***************************************

皆様、明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。おそらく今週が連載300回目のようです。よく続いたものだと思います。まあ でもそれを言うなら毎朝のBruce Reportは今の会社になってからは7年、その前の会社の時も考えるとおそらくは10年以上ほぼ毎日続けており、自分で言うのもなんですが、一度始める となんでも結構続けてしまう性分のようです。ランなんてそのいい例ですね。天賦の才があるわけでもない、どっちかというとまるで平凡な人間なんですが、 「続ける」ことだけはたいていの人より得意なようです。さて、ということで今年も何が起こるかわかりませんが、とりあえず、状況の許す限り書いていくつも りですので、よろしくお願いします。

「年末年始のゴールドマーケット」

今年はカレンダーに恵まれて、長い休みになった人が多かったのではないでしょうか。私も12月26日から休みに入り10連休でした。おそらくこれだけ長 い休みは社会人になって初めてです(ちょっと悲しい)。この年末年始の休みの間に貴金属マーケットは結構動きました。大方の弱気論調に対して、この年末年 始は相場は反発、逆にショート筋の買戻しが見られ、弱かった一年の最後を少し強く終わった印象です。年末年始の相場の背景をまとめてみました。

「ゴールド」
 
 

ゴールドは弱気論調が圧倒的だったのが、逆にマーケットを強くしたのかもしれません。一年の終わりの取引日、12月31日には、ちょうど日本で年が変わ るときに大きな波乱がありました。いまだにその原因はわかりませんが、1200ドルから1182ドルまで急落、その直後に1215ドルまで急騰するという 場面がありました(赤枠)。おそらくは年末のWindow Dressingのようなもので、相場を押し下げて終わりにしたかった向きがいたのでしょうか。しかしながら、昨年6月28日の1175ドルという 2010年来の安値を抜くことができず、逆にその失望感からショートカバーが入ったものと思われます。結局このあとゴールドは1200ドルを割ることな く、一年の終わりは1205ドルというレベルになりました。この大晦日の動きによって、年始がショートカバー中心の上への動きとなりました。

元旦はマーケットは世界中でクローズ。始まりは1月2日の東京時間朝8時に始まるGlobexでした(ちなみに2 日朝8時と言えば、そう箱根駅伝のスタート同時です)。 今年のスタートは、昨年のクローズの1205ドルで始まりましたが、10時くらいには1210ド ルまで上昇、そして昼12時頃に、ちょうど日本の年越し時間に急上昇してタッチした1215ドルまで達した時にストップ買いが発動され、一瞬にして 1230ドル手前まで上昇、その後は1215ドルまで戻したあと再び上昇もう一度1230ドルをつけてから1224ドルで一日が終わりました。翌日3日も 買い戻しの動きが続きアジア時間に1238ドル、ニューヨークで1240ドルまで上昇。そして週明け6日の東京の年初の取引では一時1246ドルまであり ました。
 
株価が年初から下げていることもこの動きを支えているのでしょうし、中国の旧正月前の需要も出ているのでしょう。そして何よりもやはりComexの投資 家ポジションが歴史的にみても少ないネットロング(グロスポジションでは300トン以上のショートの存在)であるということが、ショートカバーを促してい るのでしょう。前回このレベルまでロングが減ったのは昨年6月末(ほぼ400トンものショート)であり、そのときには1175ドルという安値を一瞬つけたあと、ゴールドは1400ドル超えと200ドル以上、そのショートカバーを原動力として上昇しました。12月31日現在のポジション(オプションを含む) はネットポジションで183トンのロング。グロスでみると投資家の先物ロングが474トン、ショートが293トン。投資家のショートポジションという意味ではいまだに昨年の5-7月までとほぼ同じレベルの大きなショートを抱えていることになります。そしてこのポジションが年始での買いの主体となったと考え ます。どれくらいのポジションがカバーされたのかが、来週のCFTCの数字をみればわかると思いますが、ちょっと興味深いところです。
 
 
「2013年の金相場の不思議:数字が合わない」
 
さて年初にもう一つ。昨年のゴールド、ご存知の通り一年で約500ドル近く下がったわけですが、表に出ている情報をつなぎ合わせてもどうもしっくりきません。
 
 

年初と年末の各数字を比較すると、上の表のようになります。これで見る限り、圧倒的になんと1000トン以上買いのほうが多いのです。それで470ドル も価格が下がるというのはありえるわけなく、何かがおかしいわけですね。疑ってかかるとすれば、中国の買いは本当の需要ではない(あまりに誇張されてい る?)、もしくはここには出てこない売り手(世界中の店頭での個人の現物売り?もしくはまだ補足されていないミステリアスセラー??)が存在しているのか もしれません。とにかくこの数字だけでは昨年の価格下落の説明はできませんね。このあたりもう少しいろいろ調べて考えてみたいテーマです。

以上

池水雄一氏は、貴金属ディーリングの世界でも第一人者。上智大学を卒業後、住友商事、クレディ・スイス、三井物産、スタンダードバンクと貴金属ディーリングに一貫して従事し、現在はスタンダードバンク東京支店長。Oval Next Corp.サイトで市場分析ブルース(池水氏のディーラー名)レポートも掲載。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース