金市場ニュース

今年の相場の振り返り(ゴールド)

スタンダードバンク東京支店長の池水雄一氏が、「池水雄一のゴールドディーリングのすべて2」で、2013年の金相場を振り返って要点をまとめています。

 
********************************
 
(今年の金相場)
 
(過去15年の金相場)
 
「Gold ETFの売り」
 
 

・これまで買い一辺倒であったGold ETFが大きな売りに転じたこと。
・2012年年末の史上最高残高は2647.38トン。それに対して現在は1858トン前後。ETFの売りは年初から789トンとなっている。
・それに伴い、ETFから出たlarge barがスイスの精錬所に流れ、それがkilo barに鋳なおされ、中国を始めとするアジアに輸出されるという現物の動きが顕著になったこと。

 
「Gold ETFの売りに対する中国・インドの買い」
 
 

・中国のゴールド輸入量が1000トンに達する市場最高規模になったこと。
・インドが政策によりゴールド輸入に制限を加えてオフィシャルな輸入が激減したこと。
・中国、インドといった需要地の現物のプレミアムが急騰したこと。

 
「株価とゴールドの相関」
 
 

・2011年以降ゴールドと見事な逆相関を描いていた株価が本格的上昇に転じ、歴史的高値を更新し続けたこと。景気回復による株価の上昇とそれに伴う不安心理の払拭によるゴールドの売却。

 
「米国実質金利の上昇」
 
 

・米国の実質金利がじわじわと上昇を始めたこと。
・長らく続いてきた金融緩和の縮小をFRB議長が示唆し始めたこと。(6月の急落の引き金に)

 
「Comexの投資家ポジション」
 
 

・コメックスの投資家のネット・ショート・ポジションが一時過去最大まで膨らんだこと。
・年末にかけて再びロングが減少、ショートが増加しており、投資家の間で弱気が台頭している。

 

以上

***********************************

池水雄一氏は、貴金属ディーリングの世界でも第一人者。上智大学を卒業後、住友商事、クレディ・スイス、三井物産、スタンダードバンクと貴金属ディーリングに一貫して従事し、現在はスタンダードバンク東京支店長。Oval Next Corp.サイトで市場分析ブルース(池水氏のディーラー名)レポートも掲載。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース