金市場ニュース

主要経済指標(9月9日~9月13日)

主要経済指標(9月9日~9月13日)

経済指標の解説は表の下をご覧ください。

日付 内容 前回(修正値) 予想 結果
8日 中国 8月貿易収支 178.18億ドル 200億ドル 286億ドル
9日 中国 8月消費者物価指数(前月比) 0.1% 0.4% 0.5%
  日本 第2四半期GDP(前期比) 1.0% 1.0% 0.9%
  日本 第2四半期GDP(前期比年率) 2.6% 3.7% 3.8%
  日本

日銀金融政策決定会合議事要旨

(8月7・8日分)

要旨は下記を参照    
10日 中国 8月鉱工業生産(前年比) 9.7% 9.9% 10.4%
  中国 8月小売売上高(前年比) 13.2% 13.2% 13.4%
11日 英国 8月失業保険申請件数

-29.2千件

(-36.3千件)

-22千件 -32.6千件
  英国 ILO式失業率 7.8% 7.8% 7.7%
  米国 上院及び下院での対シリア軍事行動決議案の審議 延期    
12日 ユーロ圏 ECB月例報告 要旨は下記を参照    
  ユーロ圏 7月鉱工業生産(前年比) 0.3%(-0.4%) -0.1% -2.1%
  米国 9/7までの週の新規失業保険申請件数 32.3万件 33万件 29.2万件
13日 米国 8月生産者物価指数(前年比) 2.1% 1.1% 1.4%
  米国 8月小売売上高(前月比) 0.2%(0.4%) 0.3% 0.2%
  米国 9月ミシガン大消費者信頼感指数 82.1 81.7  

9日発表された8月7日と8日に開催された日銀金融政策決定会合の議事録要旨は下記の通り。

・景気は緩やかに回復しつつあるとの見方で一致
・景気の先行きは緩やかに回復していくとの見方を共有
・消費者物価の先行きはプラス幅を次第に拡大していくとの見方で一致

しかし、多くの委員が金利の安定確保には「財政運営に対する信認が維持されることも重要であり、政府が財政健全化に向けた取り組みを着実に進めていくことを期待している」と表明

11日に行なわれる予定であった米国上院での対シリア軍事行動決議案の審議は、ロシアシリアの化学兵器の国際管理を提案したことを受け、オバマ米大統領は結果が出るまで決議案の採決を見送るよう議会に要請した。

12日のECB月例報告の要旨は下記の通り。

・長期に渡って低金利を維持
・信頼感指数にて「段階的な成長回復」を確認した

 

****************

金の購入または銀の購入をお考えですか。英国女王賞を受賞したオンライン金取引において世界一の実績を持つ、BullionVaultをお試しください。

BullionVaultでは、弊社サービスをご紹介いただいた方へ成功報酬をお支払いする、アフェリエイト・プログラムをご用意しています。ご興味がありましたら、こちらをご覧ください。

 

ブリオンボールト社のリサーチ部門は、オンライン金取引所有サービスを提供する世界有数の英国企業ブリオンボールトの、リサーチ・ダイレクターのエィドリアン・アッシュ、日本市場担当ホワイトハウス佐藤敦子を含む国際市場担当者によって構成されています。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース