金市場ニュース

主要経済指標(3月7日~11日)

日付 国名 指標 前回(修正値) 予想 前回
7日 米国 2月労働市場情勢指数(前月比) 0.4   -2.4
  日本 第4四半期GDP(前期比) -0.4%   -0.3%
  日本 第4四半期GDP(前期比年率) -1.4% -1.5% -1.1%
8日 ドイツ 1月鉱工業生産(前月比) -1.2%(-0.3%) 0.5% 3.3%
  ユーロ圏 第4四半期GDP(前期比) 0.3% 0.3% 0.3%
  ユーロ圏 第4四半期GDP(前期比年率) 1.5% 1.5% 1.6%
  中国 2月貿易収支 4062億ドル 3290億ドル 2100億ドル
  中国 2月輸入高(前年比) -18.8% -10.0% -13.8%
  中国 2月輸出高(前年比) -11.2% -12.5% -25.4%
9日 英国 1月鉱工業生産(前月比) -0.4%(-0.2%) 0.1% 0.2%
10日 中国 2月消費者物価指数(前年比) 1.8% 1.9% 2.3%
  中国 2月消費者物価指数(前月比) 0.5% 1.1% 1.6%
  ユーロ圏 欧州中銀金融政策発表 要旨は下記を参照    
  米国 新規失業保険申請件数 27.8万件 27.5万件 25.9万件
11日 英国 消費者インフレ期待率 2%   1.8%

10日欧州中銀金融政策発表が行われ、主要政策金利を0.00%と予想と前回の0.05%から下げ、中銀預金金利を-0.40%と前回の-0.30%から下げた。その他声明の要旨は次の通り。

  • 資産購入額を月間800億ユーロへ拡大
  • 量的緩和での購入対象資産を拡大
  • 新たな長期リファイナンスオペを計画(16日実施)

ドラギ総裁の会見の要旨は下記の通り。

  • 資産買い入れは2017年3月まで継続、必要なら延長
  • 資産買い入れはインフレ率が目標に向け継続的に上昇するまで実施
  • ECBはQE購入の上限は、銘柄発行高の50%に引き上げ
  • 社債買入は第2四半期末に向けて開始
  • TLTRO金利は中銀預金金利と同水準での実施も可能
  • 金利は長期にわたり現水準かそれ以下
  • 資産買入終了後も低金利は続く
  • 現在の見通しに基づくと追加利下げは見込まない

ブリオンボールト社のリサーチ部門は、オンライン金取引所有サービスを提供する世界有数の英国企業ブリオンボールトの、リサーチ・ダイレクターのエィドリアン・アッシュ、日本市場担当ホワイトハウス佐藤敦子を含む国際市場担当者によって構成されています。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース