金市場ニュース

主要経済指標(2022年9月19日~23日)

日付 国名 指標名 前回(修正値) 予想 結果
20日 日本 8月全国消費者物価指数(前年同月比) 2.6% 2.9% 3.0%
  日本 8月全国消費者物価指数(生鮮食料品除く:前年同月比) 2.4% 2.7% 2.8%
  日本 8月全国消費者物価指数(生鮮食料品とエネルギー除く:前年同月比) 1.2% 1.5% 1.6%
  米国 8月住宅着工件数(年率換算件数) 144.6万件(140.4万件) 146.0万件 157.5万件
21日 米国 8月中古住宅販売件数(年率換算件数) 481万件(482万件) 473万件 480万件
  米国 FOMC終了後政策金利発表 要旨は下記を参照    
22日 日本 日銀金融政策決定会合終了後政策金利発表 要旨は下記を参照    
  英国 イングランド銀行金利発表 要旨は下記を参照    
  米国 新規失業保険申請件数

21.3万件 (20.8万件)

21.8万件 21.3万件
23日 ドイツ 9月製造業PMI 49.1 48.3 48.3
  ドイツ 9月サービス部門PMIと 47.7 47.2 45.4
  ユーロ圏 9月製造業PMI 49.6 48.7 48.5
  ユーロ圏 9月サービス部門PMI 49.8 49.0 48.9
  英国 9月製造業PMI 47.3 47.5 48.5
  英国 9月サービス部門PMI 50.9 50.0 49.2
  米国 9月製造業PMI 51.5 51.3 51.8
  米国 9月サービス部門PMI 43.7 45.0 49.2
  米国 9月総合PMI 44.6 46.1 49.3

21日発表のFOMC後の金利政策発表の要旨は下記の通り。

  • 3会合連続の0.75%ン利上げを決めて、フェデラルファンド金利の誘導目標は3.00~3.25%と2008年1月以来の高さ。
  • 22年末時点での政策金利見通しは中央値が4.4%と前回6月の3.4%から引き上げた。
  • 23年末の見通しは4.6%と前回の3.8%から引き上げた。
  • 失業率の見通しは4.4%と前回の3.9%から上方修正し、個人消費支出(PCE)物価指数は2.8%と2.6%から上方修正。

22日の日銀の政策会合後の発表の要旨は下記の通り。

  • 短期金利をマイナス0.1%、長期金利を0%程度とする長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)を柱とする金融緩和を継続。
  • 2020年3月に導入した新型コロナ対応の融資を手がける金融機関に有利な条件で資金を供給する制度「コロナオペ」を22年3月に大企業や個人向けを終了した。中小企業向けのオペは9月末を期限としてきたが、プロパー融資分は23年3月末に、制度融資分は22年12月末まで延長する方針を決めた。
  • 金融機関にゼロ金利で貸し出す「共通担保資金供給オペ」の上限額を撤廃することも決定した。

同日のイングランド銀行の政策金利発表の要旨は下記の通り。

  • 保有する英国債の市場での売却を始めると発表した。
  • 政策金利は0.5%引き上げて年2.25%にした。利上げは7会合連続。

ブリオンボールト社のリサーチ部門は、オンライン金取引所有サービスを提供する世界有数の英国企業ブリオンボールトの、リサーチ・ダイレクターのエィドリアン・アッシュ、日本市場担当ホワイトハウス佐藤敦子を含む国際市場担当者によって構成されています。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース