金市場ニュース

主要経済指標(2022年6月20日~24日)

日付 国名 指標名 前回(修正値) 予想 結果
21日 米国 5月中古住宅販売件数(年率換算件数) 561万件 (560万件) 540万件 541万件
22日 日本 日銀金融政策決定会合議事要旨 下記を参照    
  英国 5月消費者物価指数(前月比) 2.5% 0.7% 0.7%
  英国 5月消費者物価指数(コア:前年同月比) 6.2% 6.0% 5.9%
  米国 パウエルFRB議長発言 要旨は下記を参照    
  ユーロ圏 6月消費者信頼感 -21.1 -20.5 -23.6
23日 ドイツ 6月製造業PMI 54.8 54.0 52.0
  ドイツ 6月サービス部門PMI 55.0 54.5 52.4
  ユーロ圏 6月製造業PMI 54.6 53.7 52.0
  ユーロ圏 6月サービス部門PMI 56.1 55.5 52.8
  英国 6月製造業PMI 54.6 53.7 53.4
  英国 6月サービス部門PMI 53.4 53.0 53.4
  米国 新規失業保険申請件数 22.9万件 (23.1万件) 22.7万件 22.9万件
  米国 6月製造業PMI 57.0 56.3 52.4
  米国 6月サービス部門PMI 53.4 53.7 51.6
  米国 パウエル議長発言 要旨は下記を参照    
24日 日本 5月全国消費者物価指数(前年同月比) 2.5% 2.5% 2.5%
  英国 5月小売売上高(前月比) 1.4%(0.4%) -0.6% -0.5%
  英国 6月小売売上高(前年同月比) -4.9%(-5.7%) -4.3% -4.7%
  ドイツ 6月IFO企業景況感指数 93.0 92.0 92.3
  米国 6月ミシガン大学消費者態度 50.2 50.2 50.0
  米国 5月新規住宅販売件数(年率換算件数) 59.1面権 59.5万件 69.6万件

22日の日銀金融政策会合の議事要旨は下記の通り。

  • 急速に進む円安について、何人かの委員が「金融政策はあくまでも物価の安定という使命を果たすために運営しており、為替相場のコントロールを目的としているわけではない点について、丁寧に説明していく必要がある」と指摘。
  • 長期金利の上昇を抑えるため、指定した利回りで国債を無制限に買い入れる「指値オペ」と呼ばれる措置について、委員からは「金融緩和を継続する姿勢を誤解なく伝える必要がある」といった意見が出され、原則として、毎日実施することを決めた。

22日のパウエル議長の議会証言の要旨は下記の通り。

  • 今後の利上げペースについて「(物価などの)データに機敏に反応していく」とした。
  • 景気後退を呼び込む懸念について「可能性はある」と認めつつ、足元の米経済は強いという認識を示して積極的な利上げを続ける姿勢を示した。

23日のパウエル議長の議会証言の要旨は下記の通り。

  • インフレ抑制に対する自身のコミットメントは「無条件」のものだと述べた。
  • 「労働市場はある意味、持続不可能なほど熱気を帯びており、今の状況は米金融当局のインフレ目標からかけ離れている」と証言。
  • 「物価安定を取り戻すこと、インフレ率を目標の2%に戻すことが真に求められている。それがなければ、最大限の雇用を持続的に一定期間達成することはできないからだ」と述べた。

 

ブリオンボールト社のリサーチ部門は、オンライン金取引所有サービスを提供する世界有数の英国企業ブリオンボールトの、リサーチ・ダイレクターのエィドリアン・アッシュ、日本市場担当ホワイトハウス佐藤敦子を含む国際市場担当者によって構成されています。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース