金市場ニュース

主要経済指標(2022年5月2日~6日)

日付 国名 指標名 前回(修正値) 予想 結果
2日 ドイツ 4月製造業PMI 54.1 54.1 54.6
  ユーロ圏 4月製造業PMI 55.3 55.3 55.5
  米国 4月製造業PMI
59.7
59.7 59.2
  米国 4月ISM製造業景況指数 57.1 57.6 55.4
3日 ドイツ 4月失業者数(前月比) -1.8万人 -1.5万人 -1.3万人
  ドイツ 4月失業率 5.0% 5.0% 5.0%
  英国 4月製造業PMI 55.3 55.3 55.8
  ユーロ圏 3月卸売物価指数(前月比) 1.1% 5.0% 5.3%
  ユーロ圏 3月卸売物価指数(前年同月比) 31.4%(31.5%) 36.3% 36.8%
  ユーロ圏 3月失業率 6.8%(6.9%) 6.7% 6.8%
4日 ドイツ 4月サービス部門PMI 57.9 57.9 57.6
  ユーロ圏 4月サービス部門PMI 57.7 57.7 57.7
  ユーロ圏 3月小売売上高(前月比) 0.3% (0.4%) -0.1% -0.4%
  ユーロ圏 3月小売売上高(前年同月比) 5.0% (5.2%) 1.4% 0.8%
  米国 4月ADP雇用統計(前月比) 45.5万人 (47.9万人) 37万人 24.7万人
  米国 3月貿易収支 -892億ドル (-898億ドル) -1070億ドル -1098億ドル
  米国 4月サービス部門PMI 54.7 54.7 55.6
  米国 4月ISM非製造業部門景況指数 58.3 58.5 57.1
  米国 FOMC終了後政策金利発表 要旨は下記を参照    
5日 中国 4月Caixinサービス部門PMI 48.1 40.0 36.2
  英国 イングランド銀行政策金利発表 要旨は下記を参照    
  米国 新規失業保険申請件数 18万人(18.1万人) 18.2万人 20万人
6日 ドイツ 3月鉱工業生産(前月比) 0.2%(0.1%) -1.3% -3.9%
  ドイツ 3月鉱工業生産(前年同月比) 3.2%(3.1%) -0.4% -3.5%
  米国 4月非農業部門雇用者数変化(前月比) 43.1万人(42.8万人) 40万人 42.8万人
  米国 4月失業率 3.6% 3.6% 3.6%
  米国 4月平均時給(前月比) 0.4%(0.5%) 0.4% 0.3%
  米国 4月平均時給(前年同月比) 5.6% 5.5% 5.6%

4日発表のFOMCとパウエル議長記者会見の要旨は下記の通り。

  • 短期金利の指標であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.25~0.50%から0.75~1.00%に引き上げた。この幅の利上げは22年ぶり。
  • パウエル議長は記者会見で6、7月会合でも同じ幅の利上げを実施することを示唆した。しかし、0.75%の利上げは「活発な議論をしていない」と否定的なスタンスをにじませた。
  • 量的緩和縮小は6月から実施。
  • FRBが長期金利を引き下げるために購入した国債などの保有額を減らす。国債は市場では売却せず、償還を迎えた際に再投資をしない手法をとる。
  • 毎月の減額ペースは6~8月に国債を300億ドル、住宅ローン担保証券(MBS)を175億ドルとし、9月からは国債を600億ドル、MBSを350億ドルとする。合計で月950億ドルを上限に保有資産を減らしていく。

5日発表のイングランド銀行の政策金利の発表要旨は下記の通り。

  • 政策金利を0.25%引き上げて年1%にすると発表した。
  • 利上げは4会合連続で、米金融危機時の2009年3月以来約13年ぶりの高さになった。
  • 先の決定は9人中6人の賛成で決定。他の3人の政策委員はさらに大きい0.5%幅の利上げを主張し、加速するインフレへの警戒感をより鮮明にした。

ブリオンボールト社のリサーチ部門は、オンライン金取引所有サービスを提供する世界有数の英国企業ブリオンボールトの、リサーチ・ダイレクターのエィドリアン・アッシュ、日本市場担当ホワイトハウス佐藤敦子を含む国際市場担当者によって構成されています。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース