金市場ニュース

主要経済指標(2022年3月14日~18日)

日付 国名 指標名 前回(修正値) 予想 結果
15日 ユーロ圏 1月鉱工業生産(前月比)

1.2%(1.3%)

0.1% 0.0%
  ユーロ圏 1月鉱工業生産(前年同月比) 1.6%(2.0%) -0.5% -1.3%
  中国 2月小売売上高(前年同月比) 12.5% 3.0% 6.7%
  中国 2月鉱工業生産(前年同月比) 9.6% 4.1% 7.5%
  英国 2月失業保険申請件数 -3.19万件   -4.81万件
  英国 ILO式失業率 4.6%   4.4%
  ドイツ 3月ZEW景況感調査 54.3 10.0 -39.3
  ユーロ圏 3月ZEW景況感調査 48.6   -38.7
  米国 3月ニューヨーク連銀製造業景気指数 3.1 7.8 -11.8
  米国 2月卸売物価指数(前月比) 1.0%(1.2%) 0.8% 0.8%
  米国 2月卸売物価指数(前年同月比) 9.7%(10.0%) 10.0% 10.0%
  米国 2月卸売物価指数(コア:前月比) 0.8%(1.0%) 0.6% 0.2%
  米国 2月卸売物価指数(コア:前年同月比) 8.3% 8.7% 8.4%
16日 米国 2月小売売上高(前月比) 3.8%(4.9%) 0.4% 0.3%
  米国 2月小売売上高(自動車除く:前月比) 3.3%(4.4%) 0.9% 0.2%
  米国 FOMC後金融政策発表 要旨は下記を参照    
17日 ユーロ圏 2月消費者物価指数(前年同月比) 5.8% 5.8% 5.9%
  ユーロ圏 2月消費者物価指数(コア:前年同月比) 2.7% 2.7% 2.7%
  英国 イングランド銀行金利発表 要旨は下記を参照    
  米国 2月住宅着工件数(年率換算件数) 163.8万件(165.7万件) 170万件 185.9万件
  米国 新規失業保険申請件数 22.7万件(22.9万件) 22.0万件 21.4万件
  米国 3月フィラデルフィア連銀製造業景気指数 16.0 15.5 27.4
  米国 2月鉱工業生産(前月比) 1.4% 0.5% 0.5%
18日 日本 日銀金融政策決定会合後発表 要旨は下記を参照    
  日本 2月全国消費者物価指数(前年同月比) 0.5% 0.9% 0.9%
  日本 2月全国消費者物価指数(生鮮食料品除く:前年同月比) 0.2% 0.6% 0.6%
  日本 2月全国消費者物価指数(生鮮食料品とエネルギー除く:前年同月比) -1.1% -1.0% -1.0%
  米国 2月中古住宅販売件数 650万件(649万件) 610万件 602万件

16日のFOMC後の金融政策発表とパウエルFRB議長の記者会見要旨は下記の通り。

  • フェデラルファンド(FF)レートの0.25%の利上げを2018年12月以来初めて決定。
  • セントルイス連銀ブラード総裁が0.50%の利上げを主張して反対したことから、8対1で決定。
  • FOMC参加者によるFFレートの見通し(ドットチャート)では、2022年7回、2023年は3.5回分の利上げが示唆された。
  • 0.25%の利上げを決めた理由として「米経済は極めて力強い」ことや労働市場の逼迫、高インフレを挙げた。
  • ロシアによるウクライナ侵攻が米経済に与える影響は「極めて不透明だ」として、注視する構えをみせた。

17日のイングランド銀行の金融政策発表の要旨は下記の通り。

  • 政策金利を前回12月に続き0.25%上げて、0.75%とした。
  • インフレがウクライナ情勢で短期的に8%へと上昇する、最悪二桁台で上昇することを予想。

18日発表の日銀金融政策決定会合の要旨は下記の通り。

  • 政策金利の目標は賛成8、反対1で据え置きを決定した。短期金利は、引き続き日銀当座預金のうち政策金利残高にマイナス0.1%の金利を適用。
  • 長期国債以外の資産買い入れ規模は据え置いた。当面、上場投資信託(ETF)は年12兆円、不動産投資信託(REIT)は年1800億円の残高増加ペースを上限に必要に応じて購入する。
  • コマーシャルペーパー(CP)・社債は3月末までの間、合計約20兆円の残高を上限に買い入れを行う。4月以降は感染症拡大前と同程度のペースで買い入れを行い、買い入れ残高を感染症拡大前の水準に徐々に戻していく。

ブリオンボールト社のリサーチ部門は、オンライン金取引所有サービスを提供する世界有数の英国企業ブリオンボールトの、リサーチ・ダイレクターのエィドリアン・アッシュ、日本市場担当ホワイトハウス佐藤敦子を含む国際市場担当者によって構成されています。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース