金市場ニュース

主要経済指標(2020年5月18日~22日)

日付 国名 指標名 前回(修正値) 予想 結果
18日 日本 第1四半期GDP(前期比) -1.8%(-1.9%) -1.2% -0.9%
  日本 第1四半期GDP(年率換算) -7.1%(-7.3%) -4.6% -3.4%
19日 英国 ILO式失業率 3.5%   5.8%
  英国 4月失業保険申請件数 1.22万件(0.54万件) 67.65万件 85.65万件
  ドイツ 5月ZEW景況感調査 28.2 32.0 51.0
  ユーロ圏 5月ZEW景況感調査 25.2 -12.1 46.0
  米国 4月住宅着工件数(年率換算件数) 121.6万件(127.6万件) 96.0万件 89.1万件
  米国

パウエルFRB議長議会証言

要旨は下記を参照    
20日 英国 4月消費者物価指数(前年同月比) 1.5% 0.9% 0.8%
  英国 4月消費者物価指数(前月比) 0.0% -0.1% -0.2%
  ユーロ圏 4月消費者物価指数(前月比) 0.5% 0.3% 0.3%
  ユーロ圏 4月消費者物価指数(前年同月比) 0.9% 0.9% 0.9%
  ユーロ圏 5月消費者信頼感 -22.7 (-22.0) -24.0 -18.8
  米国 FOMC議事録 要旨は下記を参照    
21日

英国

5月製造業PMI 32.6 36.0 40.6
  英国 5月サービス業PMI 13.4 25.0 27.8
  ユーロ圏 5月製造業PMI 33.4 38.0 39.5
  ユーロ圏 5月サービス業PMI 12.0 25.0 28.7
  米国 5月フィラデルフィア連銀製造業景気指数 -56.6 -40.0 -43.1
  米国 新規失業保険申請件数 298.1万件(268.7万件) 240万件 243.8万件
  米国 5月製造業PMI 36.1 38.0  39.8
  米国 5月サービス業PMI 26.7 30.0 26.7
  米国 4月中古住宅販売件数(年率換算件数) 527万件 440万件  
  米国 パウエルFRB議長議会証言 要旨は下記を参照    
22日 日本 4月全国消費者物価指数(同年同月比) 0.4% -0.1% -0.2%
 

日本

日銀政策金利発表 要旨は下記を参照    
  英国 4月小売売上高(前月比) -5.1%(-5.2%) -16.0% -18.1%
  英国 4月小売売上高(前年同月比) -5.8% -22.2% -22.6%
  ユーロ圏 ECB理事会議事要旨 下記を参照    

18日のパウエルFRB議長とムニューシン米財務長官の議会証言の要旨は下記の通り。

  • (パウエル議長)FRBが追加の資金供給に関して引き続き検討している。
  • (ムニューシン財務長官)中間層の減税は検討すべき。

20日発表のFOMC議事録の要旨は下記の通り。

  • 新型コロナウイルス流行後に米経済が回復しても、一部の業態の事業は生き延びられない恐れがあるという見通しが示されていた。
  • 今年第2四半期の米経済は「前例のない」落ち込みを経験するとの見通しを示した。

22日の日銀臨時会合の要旨は下記の通り。

  • 中小企業の資金繰り支援制度として、規模は約30兆円とし、これまでのコマーシャルペーパー(CP)や社債の買い入れと新型コロナウイルス感染症対応金融支援特別オペとあわせ、総枠約75兆円の「新型コロナ対応資金繰り支援特別プログラム」を打ち出した。この期間は半年間延長して2021年3月までとした。
  • 短期の政策金利をマイナス0.1%、長期金利をゼロ%程度で推移するよう誘導する長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)の現状維持は賛成多数で決めた。
  • 国債については上限を設けず必要な金額を買い入れる方針を継続する。国債以外の資産買い入れ方針については、当面、上場投資信託(ETF)の保有残高を年約12兆円、不動産投資信託(REIT)を年約1800億円に相当するペースで増加するよう買い入れることなどを全員一致で決めた。

同日のECB理事会議事要旨は下記の通り。

  • ECBは6月の会合でパンデミック緊急購入プログラム(PPEP)やその他の手段について調整する可能性がある。
  • 委員は景気シナリオが後ずれする可能性を懸念。

ブリオンボールト社のリサーチ部門は、オンライン金取引所有サービスを提供する世界有数の英国企業ブリオンボールトの、リサーチ・ダイレクターのエィドリアン・アッシュ、日本市場担当ホワイトハウス佐藤敦子を含む国際市場担当者によって構成されています。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース