金市場ニュース

主要経済指標(2020年12月14日~18日)

日付 国名 指標名 前回(修正値) 予想 結果
14日 日本 10月鉱工業生産(前月比) 3.8%   4.0%
  日本 10月鉱工業生産(前年同月比) -3.2%   -3.0%
  ユーロ圏 10月鉱工業生産(前月比) -0.4% (0.1%) 1.9% 2.1%
  ユーロ圏 10月鉱工業生産(前年同月比) -6.8% (-6.3%) -4.2% -3.8%
15日 中国 11月小売売上高(前年同月比) 4.3% 5.0% 5.0%
  中国 11月鉱工業生産(前年同月比) 6.9% 7.0% 7.0%
  英国 11月失業保険申請件数 -2.98万件   6.43万件
  英国 ILO式失業率 4.8% 5.1% 4.9%
  米国 12月ニューヨーク連銀製造業景気指数 6.3 6.9 4.9
  米国 11月鉱工業生産(前月比) 1.1%(0.9%) 0.3% 0.4%
16日 ドイツ 12月製造業PMI 57.8 56.4 58.6
  ドイツ 12月サービス部門PMI 46.0 44.0 47.7
  ユーロ圏 12月製造業PMI 53.8 53.0 55.5
  ユーロ圏 12月サービス部門PMI 41.7 41.9 47.3
  英国 11月消費者物価指数(前月比) 0.0% 0.1% -0.1%
  英国 11月消費者物価指数(前年同月比) 0.7% 0.6% 0.3%
  英国 12月製造業PMI 55.6 55.9 57.3
  英国 12月サービス部門PMI 47.6 50.5 49.9
  米国 11月小売売上高(前月比) 0.3% (-0.1%) -0.3% -1.1%
  米国 12月製造業PMI 56.7 55.7 56.5
  米国 12月サービス部門PMI 58.4 55.9 55.3
  米国

FOMC政策金利発表

要旨は下記を参照    
17日 ユーロ圏 11月消費者物価指数(前年同月比) -0.3% -0.3% -0.3%
  ユーロ圏 11月消費者物価指数(コア:前年同月比) 0.2% 0.2% 0.2%
  英国 イングランド銀行金利発表 要旨は下記を参照    
  米国 新規失業保険申請件数 85.3万件(86.2万件) 80万件 88.5万件
  米国 11月住宅着工件数 153.0万件(154.4万件) 155.0万件 163.9万件
  米国 フィラデルフィア連銀製造業景気指数 26.3 20.0 11.1
18日 日本 日銀金融政策決定会合 要旨は下記を参照    
  日本 11月全国消費者物価指数 -0.4% -0.8% -0.9%
  ドイツ 12月IFO企業景況感指数 90.7(90.9) 90.0 92.1
  英国 11月小売売上高(前月比) 1.2%(1.3%) -4.2% -3.8%
  英国 11月小売売上高(前年同月比) 5.8% 2.8% 2.4%

16日発表のFOMCの金融政策発表の要旨は下記の通り。

  • フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを0-0.25%で据え置くことを決定
  • 雇用とインフレに「一段と顕著な進展」が見られるようになるまで、大規模な金融緩和を通じた経済支援を続ける
  • 月額の債券購入額を少なくとも1200億ドル(約12兆4600億円)で据え置くことを決定。一方、購入期間に関する「今後数カ月にわたって」という従来の文言を削除した
  • FF金利誘導目標の据え置きを含め今回の政策決定は全会一致。また当局者の多くは引き続き、少なくとも2023年いっぱいは政策金利がゼロ付近で維持されると予想

17日のイングランド銀行の金融政策発表の要旨は下記の通り。

  • 政策金利は0.1%、資産購入枠も8950億ポンドで全会一致で据え置かれた
  • 欧州連合(EU)との貿易交渉がまとまらずポンドが急落した場合、2%を超える物価上昇を容認する用意があると表明

18日の日銀金融政策決定会合の要旨は下記の通り。

  • 長期金利が0%程度で推移するよう国債を上限なく買い入れて市場に潤沢な資金を供給し、短期金利はマイナスにするいまの大規模な金融緩和策を維持することを決定
  • 新型コロナウイルスの感染が再拡大していることを踏まえ、影響を受ける企業への資金繰り支援策の期限を来年3月末から半年間延長
  • 2%の物価目標が遠のいていることを踏まえ、より効果的で持続的な金融緩和策を探ることも公表

 

 

ブリオンボールト社のリサーチ部門は、オンライン金取引所有サービスを提供する世界有数の英国企業ブリオンボールトの、リサーチ・ダイレクターのエィドリアン・アッシュ、日本市場担当ホワイトハウス佐藤敦子を含む国際市場担当者によって構成されています。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース