金市場ニュース

金価格ディリーレポート(2020年6月15日)新型コロナ第2波がリスク回避を進め金価格下落

金価格は月曜日に欧州株と原油が週明け大きく下げる中で下げています。

これは、週末に新型コロナウイルス感染の第2波が伝えられたことからでした。

金現物価格は先週終値から1.1%下げてトロイオンスあたり1711ドルと為替市場でドルが強含む中で、先週の週間の上げ幅の2.6%を削る事となりました。ちなみに先週の上げ幅は10週間ぶりのものです。

しかし、ドルインデックスはロンドン時間早朝に数カ月ぶりの低さから0.5%上昇したものの、その後ロンドン昼過ぎに上げ幅を切り下げていました。

また、主要国国債の価格は上昇し、利回りは下げていましたが、欧州株を代表するStoxx Europe600は早朝に2.6%下げた後に昼過ぎに0.6%下げまで下げ幅を取り戻していました。

ちなみに、アジア株においては、日経225が3.5%下げで終え、韓国のKospiは4.5%の下げ、香港ハンセン株価指数が2.6%下げる中、週末に北京でCovid-19の集団感染が発生し、一部ロックダウンが行われたにもかかわらず、上海総合指数はその半分の1%の下げに留まっていました。

また、米国では土曜日に新たに25,000感染者数が確認され、それは、アラバマ州とカリフォルニア州と幅広いもので、新たな入院患者数も記録となっていました。

「株は買われすぎで過大評価されている。そこで、再び株価が暴落した場合、金を押し上げるだろう。しかし、3月のように流動性が耐えた場合、金は流動性が高いことからも再び下げる可能性はある」とドイツの精錬会社Heraeusのためにまとめられたコンサルタント会社SFAのレポートではコメントされています。

「短期的には金には弱さがある。しかし、これが購入機会となる。」とロンドンのアドバイザリー会社のECU GroupのテクニカルアナリストのRobin Griffiths氏は、将来に1929年に始まった大恐慌に近い不況が来ることを予測して述べています。

「長期的には金は非常に強い。次の強い上値のレジスタンスは、かつての高値である1900ドルです。これが破られれば、金はさらに上昇するでしょう。」と続けています。


中国の公式データによると、世界第2位の経済大国の中国の5月の鉱工業生産は前年比4.4%増となったもののアナリストの予想を下回るもので、小売売上高は4月の7.5%に比べ2.8%と低いペースで減少していました。


 


中国上海黄金交易所の金価格は、本日もロンドン受け渡しに対して割安感を示し、トロイオンスあたり8ドルと12週間で最も小さい週平均のディスカウントへと下げた後に、月曜日には15ドル近くまで再び上昇していました。


 


ユーロの金価格は、フランスがコロナウイルス規制の解除を本日発表し、ドイツとベルギーがEU内の国々のクロアチアとスイスとの国境を開ける中で、トロイオンスあたり1521ユーロと1.0%下落していました。


 


しかし、スペインの地方政府は、新型コロナ感染で大打撃を受けたスペイン全体の70%が政府による「第3段階」の段階的解除を行っているにもかかわらず、自由な移動を許していません。


 


英国ポンド建て金価格は、本日ボリス・ジョンソン首相が将来のEUと英国の関係についての交渉で前進するために欧州連合(EU)首脳とのビデオ会議に参加する中で、やはり1.0%下落し、トロイオンスあたり1366ポンドとなっていました。


 


銀価格は、金よりもさらに下げ、先週0.5%の週間の上げを記録した後、トロイオンスあたり17.17ドルに1.8%下落していました。


 


これにより、金と銀の相対的な価格を示す金/銀比率は、3週間ぶりの高さを記録し、1990年には1日だけ達した、今年5月末以来の100に近い水準となっていました。ちなみに、3月中旬にコロナウイルスの世界的な流行の第一波が欧州と米国を襲った際に金銀比は過去最高の123に達していました。


 


プラチナ価格は、トロイオンスあたり810ドルと横ばいとなっていました。


 


そして、原油においては、ロンドン上場の主要エネルギー関連多国籍企業のBP社が、新型コロナによって世界的なエネルギー需要が長期に渡って大きな影響を受けるとして、原油価格の長期予想を大幅に引き下げて第2四半期決算で最大175億ドルの減損損失を計上すると伝えられて株価が4.5%を失う中で、原油価格は2.3%以上下落していました。


 

ホワイトハウス佐藤敦子は、オンライン金地金取引・所有サービスを一般投資家へ提供する、世界でも有数の英国企業ブリオンボールトの日本市場の責任者として、セールス、マーケティング及び顧客サポート全般を行うと共に、市場分析ページの記事執筆および編集を担当。 現職以前には、英国大手金融ソフトウェア会社の日本支社で、マーケティングマネージャーとして、金融派生商品取引のためのフロント及びバックオフィスソフトウェアのセールス及びマーケティングを統括。

注意事項: ここで発信される全ての記事は、読者の投資判断に役立てるための情報です。しかし、実際の投資にあたっては、読者自身にてリスクを判断ください。ここで取り扱われる情報及びデータは、すでに他の諸事情により、過去のものとなっている場合があり、この情報を利用する際には、必ず他でも確証する必要があることを理解ください。Gold Newsの利用については、利用規約をご覧ください。

SNSで最新情報を入手

Facebook   TwitterYoutube

 

金市場の需要/供給ニュース