金の基礎知識

金の投資をなぜ、どのような際に行うべきか

「ゴールドは、深刻な危機に陥ったときに、実績のある質の高い長期的な富の貯蔵方法であり、他の誰もがパニックに陥ったときに利用するものです。

例え初期の購入が純粋に自分の財産を守るための目的で金を購入していたとしても、無意識のうちに将来の需要を予測しているため、金の価値は増加する傾向があります。より良い投資とはこのようなものです。」

金の最大の用途

「金の用途は何ですか?」という質問をよく受けます。そして、一部の専門家は金が歯科治療や電子機器に不可欠であるかのように考えていますが、そうではありません。実際には、金は工業用需要は限られているのですが、それは金は無用の長物というわけではありません。

それでは、なぜ金が歴史上で人々の生活の中で重要な役割を持ち、その目的で繰り返し利用されているのかを説明しましょう。そのためには、まず金の最大の特徴である希少な供給量を認識することが必要です。


金はどのくらいあるのか?

現代の技術をもってしても、金を見つけるのは非常に困難です。

これまでに地球上から産出された金の総量は約16万トンです。

この16万トンという量は、思ったよりも少なく、金の立方体を1つにしても、テニスコート1面分にもなりません。それどころか、2メートルも足りません。しかし、これが現存する金のすべてなのです。

金は年間約2,600トン採掘されているので、地上の供給量は年率1.6%で増加しています。このように新たに採掘された金は、現在20.2メートルある世界の金の立方体が、1年でわずか11センチしか成長しないことを意味します。

世界中の金がテニスコートを覆うようになるのは、地上在庫が20万5,000トンになったときです。それは2025年前後のこととなります。

205,000トンとは、現在の地上在庫(約160,000トン)に、世界中の金鉱山会社の未採掘の既知されている埋蔵量(約50,000トン)を加えたものです。

これが世界中で現存する金と今後産出可能な金の総量となります。


その金はどのように使われるのか?

金は顕著な量の消費は行われません。ほんのわずかな量が、その不活性のために差し歯として使われたり、腐食しない性質と優れた伝導性のために電子機器に使われています。

現在世界の金の95%以上は財産として保有されています。つまり、金塊保管庫やジュエリーとして保有されており、世界第2位の金需要国であるインドのように、一般的には民間の通貨準備と考えられています。

この金の在庫量は消滅することはなく、その供給量は全体の量に比べて非常にゆっくりとしたペース(年率1.6%)で増加しています。このように、地上にほぼ固定された量がゆっくりと増えていくという特徴は、約4,000年前から変わっていません。

このように、世界には大量の、しかしそれほど大量ではない、ほぼ固定された量の金が存在し、そのほとんどすべてが所有者によって有形の財産として保有されていることがお分かりいただけると思います。これは、他のどのような有形資産にも当てはまらないことです。

金の供給量が制限されているのとは対照的に、現在の貨幣システムは制御不能なほど拡大しています。現代の歴史的にも緩和的金融政策は、政治的な指示の下で、主要通貨の中でも比較的緩和規模が少ないユーロにおいても、通貨の供給量を少なくとも年率11%拡大させています。

このような状況下では、金の確実な希少性が貯蓄者に再び注目されることとなります。金の大きな用途は、法定通貨の供給が適切に制限されていないときに、貨幣の代理として使われることです。このような時には、金の供給量は制限されているために、通貨よりもはるかに信頼できる購買力を保つ役割を持つこととなります。

さらに、人々がこのユニークな特徴を認識し、評価するようになると、金への需要は購買力の維持だけでなく、さらなる増加をもたらすこととなります。

取引の手段としての金

2,000年前のローマ人が、貿易の重要な道具としてどのように金を利用したのかについて説明しています。

「売買の起源は交換にあります。

古代には貨幣が存在せず、商品を正確に評価できる用語もありませんでした。誰もが時と状況に応じて、自分にとって無用なものと有用なものを交換していました。

しかし、一方が持っているものを他方が欲しがるということ、あるいはその逆が起こるということは、ほとんどありませんでした。そこで、物々交換の難しさを補う価値のある同質性を持つ道具が選ばれたのです。」

取引は人間社会の根幹をなすものであり、そのためには価値を蓄えて後で交換するための「道具」が必要となります。この「道具」には同質性、つまり形と量の不変性が必要であり、ほとんどの政府は紙幣でそれを実現しようとし、多くの場合成功しています。

しかし、困難な状況になると、政府は自分たちのルールを曲げてしまう傾向があります。そのために、金の希少性、安定した供給量に匹敵する「道具」は存在しないのです。

ローマ人は、信頼できる非政治的な通貨媒体として金を選んだ長い文明に加わりました。ローマ人以前には、ギリシャ、ペルシャ、イオニア、エジプトなどの偉大な古典文明がありました。その後、スペイン、フランス、オスマン帝国、イギリス、アメリカなど、多くの文明が金をベースとした通貨システムを採用していました。


金の貨幣としての記録

しかし、これらの金をベースとした通貨はいずれも最終的に失敗に終わりました。それは、金が通常の取引のお金、つまり通貨として流通しなくなったことからです。そのため、いわゆる「金信望者(Gold Bugs)」は、金を世界で唯一の真の永久的な貨幣と見なすような歴史の解釈は避けた方がいいでしょう。なぜならば、金は何度もこの役割を試されており、その時々の経済状況に応じて消えたり現れたりしているという厳しい歴史的事実があるからです。

しかし、金と他の形態の貨幣が異なるのは、その消え方と理由です。金は、その自然の性質から高品質の貨幣として推奨されているため、グレシャムの法則(経済学の常識的な法則)に悩まされています。

このことを少し考えてみると、良いお金(金)を使うか、悪いお金(インフレを起こす紙)を使うかの選択を迫られた場合、紙を使って金を価値の保存場所として確保するだろうということがわかるはずです。つまり、経済的・政治的配慮により、金と並行して紙幣が発行され、その紙幣の供給量が危険なほど拡大している初期の兆候が見られる経済では、人々は金を保持して紙幣を使うことを選択するのです。一般的な経済の日常的な取引によって何百万倍にも膨れ上がり、最終的には金が通貨として流通できなくなります。

これと同じ理由で、金の出番が終われば、人々は有形資産を買うために紙幣を再び流通させます。

ここが大きな違いです。紙幣は永久に消滅して価値を失いますが、金は一時的に消滅しても超長期的に価値を維持し続けるのです。

数年に一度、状況が整えば、金が必要となり、金は4,000年前から長期的には役割を持ち続けて来たのです。


金はあなたの資産を倍増させることができる

金投資のコツは、このような変動局面の原因を理解し、それを認識し、適切に行動することです。適切なタイミングで金を所有すれば、通常のビジネス資産や貨幣そのものの価値が下落しているときに、急速に価値が上がる資産を所有することができます。

良い局面で金を所有することは非常に有益です。1929年の大暴落の後の5年間で、金の購買力は17倍になりました。

1970年代の10年間では、金の投資購買力は15倍になりました。

現在の金は、経済状況が30年代や70年代のように危機的となっているため、金の価格はこれまでに約3倍になっています。これらの過去のサイクルと比較すると、金はまだ頂点ではなく底辺に近いと言えるでしょう。

金によって富を失うこともあり得る

しかし、忘れてはならないのが、1980年から2000年の間に、金はその購買力の8分の7近くを失ったということです。これは、20世紀で最も企業が成長した時期でもあります。

この価格推移を見ると、賢い投資家は金を妄信的に投資資産として購入を続けることはならないことが分かります。現在の経済状況は厳しい状況ですが、ビジネスの見通しが良くなった時には、金を売り、その購買力を使って人や企業に投資し、ダイナミックな富の創造に再び参加するのが賢明でしょう。

このようなことができる人は、金の購入者の中でも最も賢い人です。彼らは目的のために金を蓄えているのではありません。彼らは、長い道のりになるであろう景気回復に積極的に投資できるよう、自らを位置づけているのです。そうすることで、彼らは自分自身の利益を得ると同時に、地域社会に貢献することができるのです。今、十分に保護されていない資本は、将来のビジネスチャンスに投資することができないのです。

次のステップについて

金を購入する最善の方法については、当社の無料ガイド「金投資について」をお読みください。オンラインで、無料で、登録の必要もなく、今すぐ読むことができます。

また、このテーマに関する最も有益と思われる記事へのリンクを下記に添付します。

  1. ブリオンボールトの市場分析ページは金関連の分析記事が掲載されています。
  2. ブリオンボールトの金価格ニュースページは毎週の金の動きと解説の記事が掲載されています。

注:この分析は、考えを導くものではなく、情報を提供するために掲載されています。過去の価格動向は将来のパフォーマンスを保証するものではありません。いかなる資産に投資する場合でも、その資産がお客様の個人的な状況に適しているかどうか確信が持てない場合は、事前に財務的なアドバイスを受けてください。

問い合わせ先

Eメール

電話番号

  • 英国及び国際電話: +44 (0)20 8600 0130
  • 米国及びカナダからの無料電話: 1-888-908-2858
  • 営業時間(月曜日から金曜日):
    9:00~20:30(英国時間)
    17:00~2:30(日本時間)

    日本における弊社正規独占媒介代理店Bullion Japan株式会社へもメール(BullionJapanサポート窓口:support@bullionjapan.jp)でお問い合わせいただけます。

住所

Galmarley Ltd T/A BullionVault
3 Shortlands (7th Floor)
Hammersmith
London   W6 8DA
United Kingdom