金の基礎知識

金の投資方法

金の投資をお考えですか?

それでは、ここでなぜ金に投資をするのか、どのような方法があるのか、金投資の需要と先行き等について説明しましょう。

金投資には、下記の方法があります。

金投資

金投資について考えている方、難しい決断をしようとしている方には、金投資を行う前にこのリンクもあわせて読まれることを勧めます。


金投資の先行き

金への投資は過去10年間で世界中で大きく増加しましたが、金融資産の総量と比較すると、金地金への投資はまだごくわずかな割合です。

現在、いくつかの要因が、個人投資家だけでなく、新しい年金基金の資金による金投資を促しています。

新しい金投資市場の需要

アジア地域では、経済成長と個人投資家の増加に伴い、金の宝飾品の販売が急増しています。中国の金投資需要は2007年に20%増加し、インドの消費者は世界市場全体の5分の1を超える900トンを購入しました。

アジアの金購入者は、宝飾品を金投資の一つとして考える傾向があります。ごく最近まで金地金を所有できなかった人々は、インフレや金融・通貨危機から貯蓄を守るために金に投資します。

そのため、アジアで最も人気のあるゴールドジュエリーである重いチェーンやブレスレットは、金業界では「投資用ジュエリー」と呼ばれています。

金の投資需要に応えられない鉱山生産量

世界中の金鉱山会社は、ゴールドジュエリーや金投資の購入者からの高まる需要を満たすことができず、金価格を着実に上昇させています。

かつて世界一の金鉱山国であった南アフリカでは、1998年以降、年間の金生産量が半減し、中国やロシアでは新規事業が拡大しているものの、それを補うことができません。

コンサルタントの「Virtual Metals」社によると、世界の金の総生産量は2003年以降4%減少しています。同社の金投資アナリストは、生産量が早期に増加に転じるとは予測していません。

金投資とドル安の関係

米ドルの価値の下落に伴い、金は世界の主要通貨建てで確実に上昇しています。

2008年までの5年間で、ドルの価値の下落を防ぐためにユーロを購入した場合、47%のリターンがあったのに対し、金への投資は131%のリターンとなっています。

2007年に金投資を行った英国、オーストラリア、南アフリカ、インドの投資家は、金価格が史上最高値を記録したことによる利益を受けることとなりました。


インフレになると金投資が有利になる

2003年以降、原油価格の高騰と金価格の上昇はほぼ一致していますが、現在、金投資を考えている人の多くは、世界の食料価格の高騰、銅などのベースメタルの高騰、史上最高水準の輸送コストなども考慮に入れていることでしょう。

アジアの消費者がより良い住宅や耐久消費財を求めるようになったことも確かに要因のひとつです。しかし、多くの金投資アナリストは、欧米での信用と負債の大規模な増加も指摘しています。

米国の通貨供給量は過去7年間で2倍になりました。欧州では2007年末にマネーサプライの増加率が30年ぶりに近い記録を達成しており、新しい紙幣や電子化された口座残高の規模で、流通している1ユーロの価値が減少する恐れがあるために、金投資の魅力が増しています。

金投資:複雑な債務不履行の解毒剤

2006年末、BNPパリバの資産運用責任者であるジル・ジルセンシュタインは、「ここ数年の金融革新は非常に強力でパワフルだった」と述べています。しかし、この複雑で斬新な投資によるバブルの反動が起きています。

世界的な信用収縮が最初に起きたのは、MBS、CDO、CDS、ABCPなどのアルファベットが並んだ名前の金融商品が、米国の住宅ローン市場の悪化に伴って不調に陥ったときでした。

これらの商品は、現代の金融工学の不透明なオフバランスシートの環境下で成功を収めていました。

金融市場、投資商品の透明性は重要です。現代の世界に監査済みの会計、開かれた取引所、「公開」された会社があるのは、それなりの理由があるからです。人々は、投資がオープンで透明性のあるものでなくなり、居心地の良い秘密の取引、複雑な契約、多額の役員ボーナスに戻ってしまうと、騙されるのは一般投資家であることを理解していたからです。透明性を高めることで、こうした問題の発生を防ぐことができるのです。

現代の証券市場が急速に複雑化しているのとは対照的に、金投資は独特のシンプルさと、正しい方法で取引されることで独特の透明性を保っています。

堅実な金への投資は、クレジットデフォルトや銀行破綻のリスクから投資家を解放します。

金への投資を検討または準備している方のための重要な情報はここをクリックしてご覧ください。

金投資に関するFAQ

金投資は、バランスのとれたポートフォリオの中でリスクを分散するのに適した投資となります。なぜなら、金地金の価値は、他の投資資産が長期的に下落しても上昇する傾向があるからです。

歴史的な傾向を見ると、金への投資は、通貨、株式、債券、不動産のパフォーマンス低下に対する不完全ながらも良いヘッジとなっています。金を使ってポートフォリオの投資対象を分散させることで、全体の損失を減らすことができるというわけです。

リスクを分散する方法として金に投資する際には、費用、安全性、シンプルさについて考えるとよいでしょう。金投資の詳細については、上記の専用ガイドをお読みください。

最適な金投資を選択するには、購入者の資産力と目的に依存します。数枚の金貨やごく小さな金塊を家に隠しておいても、それほど費用はかかりません。しかし、本格的な投資用の金地金に比べると、重量比でその費用は非常に高く、価格が下がると利益が減ったり、損失が拡大したりします。また、自宅保管時にも適切な保険は重要となります。

ロンドン貴金属市場協会(LBMA)が承認した精錬業者によって鋳造され、市場で認められた保管場所で保険がかけられたグッド・デリバリー・バーの金地金を所有することは、より安全で費用対効果の高い金投資の方法です。金地金の品質と真正性が保証されているため、価格スプレッド(買値と売値の差)が非常に狭く、手数料も他の地金商品に比べて低く設定されています。

金投資の詳細については、上記をお読みください。

金地金への最適な投資方法は、購入者の意図だけでなく、その人が持っている資金力によっても異なります。例えば、金貨や小さな金地金は、小さいものは1グラムから購入できます。しかし、これらは大きな金地金に比べて重量での費用が非常に高くなります。

ロンドン貴金属市場協会(LBMA)が承認した精錬業者によって鋳造され、約400トロイオンス(12.5キログラム)の重量があるグッド・デリバリー・バーの金地金を所有することは、価値、安全性、そしてすぐに価値のある価格で売却できることを望む買い手にとって、最適な方法です。

このラージバー・ゴールドは、専門の保管場所で保管され、保険がかけられており、品質と真正性が保証されています。また、売買価格の差であるスプレッドが最も狭く、手数料も他の金地金より低く設定されています。

金の投資についての詳細は、上記をご覧ください。

金地金は、多くの投資家にとって、バランスの取れたポートフォリオの一部として、リスクをヘッジする良い方法と考えられています。これは、金の価値が歴史的に、現金、通貨、株式および債券が価値を失ったときに上昇し、投資ポートフォリオの他の資産が下落したときに全体の損失を軽減するのに役立つからです。

金地金への投資には様々な方法があります。グッド・デリバリー・バーは、このような大きな単位の金地金が世界的に流動性の高い市場で取引されているため、他の地金に比べて価格差(買値と売値の差)が狭く、最も費用対効果の高い商品となっています。

金投資の詳細については、上記をご覧ください。

アナリストやアドバイザーの中には、金への投資は収入や利息がつかないため、良くないと考える人もいます。しかし、金地金はバランスのとれたポートフォリオの一部として、リスクをヘッジするための優れた代替投資として、より広く認識されています。

歴史的に見ても、国内の通貨や株式、債券が長期間にわたって悪いパフォーマンスをしたときに、金の価値は繰り返し上昇してきました。しかし、この「シーソー」のようなパフォーマンスは保証されているわけではなく、短期的な危機の際には、金は株や債券とともに下落することがあります。

長期的には、金価格は株式市場と同様の変動性を示します。金を他のポートフォリオ資産とのリスクバランスをとるために使用しているほとんどの投資家は、経済が成長し、幅広い投資センチメントがポジティブであるときに、金が良いリターをもたらさないことは理解するべきです。

金投資の詳細については、上記をご覧ください。 

 

注:  この分析は、お客様の考えを導くものではなく、情報を提供するために掲載されています。過去の価格動向は将来のパフォーマンスを保証するものではありません。いかなる資産に投資する場合でも、その資産がお客様の個人的な状況に適しているかどうか確信が持てない場合は、事前に財務的なアドバイスを受けることをお勧めします。

問い合わせ先

Eメール

電話番号

  • 英国及び国際電話: +44 (0)20 8600 0130
  • 米国及びカナダからの無料電話: 1-888-908-2858
  • 営業時間(月曜日から金曜日):
    9:00~20:30(英国時間)
    17:00~2:30(日本時間)

    日本における弊社正規独占媒介代理店Bullion Japan株式会社へもメール(BullionJapanサポート窓口:support@bullionjapan.jp)でお問い合わせいただけます。

住所

Galmarley Ltd T/A BullionVault
3 Shortlands (7th Floor)
Hammersmith
London   W6 8DA
United Kingdom